2011年03月28日

森美術館【フレンチ・ウィンドウ】展

森美術館の【フレンチ・ウィンドウ】展を見に行ってきました。

地震の影響で一部の作品がまだ搬入・組立できていないとのこと。
まる一部屋が空っぽです。

平日のためか自粛ムードのためかガラガラ。
ゆっくり見られたのはいいのですが…。

入場してすぐの場所に展示されているデュシャンの代表作【フレッシュ・ウィドウ】。
青く塗られた木枠のフランス窓。ガラスは黒く塗られ先が見通せなくなっています。
タイトルのフレッシュ・ウィンドウとは『なり立ての未亡人』で、フレンチ・ウィンドウとのゴロ合わせ。

ブリュノ・ペナドの【大きな一つの世界】はどこかでみたマスコットキャラクターを焦げ茶色に塗ったもの。ユーモラスで不気味。

クロード・クロスキーの【フラット・ワールド】は地球の裏表の関係にある2地点の航空写真を紙の裏表に印刷した物。無数にテーブルの上に広げられていて、自由に手にとってみることができます。

作品名を失念しましたが森の中を進んでいく不思議な動画、
スーツ姿の男性が水の底に寝そべっていたり空中に浮かんでいたりするSF的な写真、

そのほかいろいろ。

出口近くには、フレッシュ・ウィドウとは対照的に枠まで透明なフランス窓。マチュー・メルシエの作品だそうです。

名前の通り、窓に絡む作品…『風景を切り取った』作品、ということでしょうか。

〜〜

今回集められたのは、マルセル・デュシャン賞にノミネートされた作家の作品だそうです。

作品が出そろった頃にまた行ってみます。
posted by MAX CARTER at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。