2011年02月24日

国立新美術館【東京五美術大学連合 卒業・修了制作展】見てきた

シュルレアリスム展を見た後、隣の展示室でやっていたのでついでに見てきました。
入場無料。

多摩美術大学
女子美術大学
東京造形大学
日本大学芸術学部
武蔵野美術大学
の学生・院生の手による作品です。

絵画や彫刻など多数の作品がありました。

学生作品なので、何十年何百年も残っている作品に比べてしまうと内容も技術もやっぱり…のものが多いのですが…。
なんというか『頭で考えすぎ』『力みすぎ』なものとか、逆に『テキトーすぎ』『正直ショボイ』ものとか…。

まぁ絵なんか小中学校の美術の時間以来描いたことがない…作図はするけど…という僕が言うのもアレなんですけどね。

エロマンガにしか見えないものとか、
屋外に展示されていた掘っ立て小屋(これは彫刻なのか?)とか、
巨大な焼きシャケの模型とか、

なんだかよくわからんものも多数。

この中から将来の大作家が出るのでしょうか…。
posted by MAX CARTER at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。