2010年08月26日

博物館網走監獄1〜煉瓦門、旧庁舎

網走駅前より路線バスで【博物館・網走監獄】へ向かいます。

バスには何系統かあり、【施設巡り線】なら博物館の駐車場まで行くのですがもっとずっと遅い時間にならないと便がないので…本数の多い【美幌線】を利用して【天都山入口】バス停から歩くことにしました。

途中には【網走刑務所前】というバス停もあって紛らわしいのですが、
そちらは現在も使用されている刑務所。見学できる施設ではありません。
【博物館・網走監獄】は旧網走監獄の建物を移築/復元して作られた屋外型博物館。
現行の刑務所とはまったく無関係なものです。


8時少し前、天都山入口で下車。
そのまま坂道を登ること10分…
博物館・網走監獄のゲートに到着。

網走監獄・鏡橋.jpg

ここは入場ゲート前にある【鏡橋】。
本物の網走刑務所前にかかる橋の、かつての姿をイメージして再現した物です。

『川面に我が身を映し、襟を正し、心の垢を拭い落とす目的で岸に渡るように』

ということで鏡橋と呼ばれるようになった…ということですが。
ここの再現橋の下は川ではなく池で、水面はびっしりと水草に覆われています。

だいぶ本物とは雰囲気が違うのではないかと…。

網走監獄・煉瓦門.jpg

入場ゲートを通った正面、【煉瓦門】。
大正時代に作られ、いまも網走刑務所の象徴となっている正門の再現です。

煉瓦は用地内の粘土で作られているのだそうです。

網走監獄・煉瓦門前を掃除する五寸釘の寅吉.jpg

煉瓦門前で掃除をしているこの男は実は囚人。
脱獄を繰り返した【五寸釘の寅吉】こと【西川寅吉】の人形です。

14歳の時に恩義のある叔父がトラブルで殺害され、その仇討ちをしようとして殺人未遂と放火の罪に問われ無期懲役。しかし仇討ちがまだ成し遂げられていないことから再三脱獄し、その度に捕らえられてあちこちの監獄に収監されたという人物。
あるとき五寸釘の刺さった板を踏み抜いてしまい、そのまま長距離を逃げたと言うことから【五寸釘】の異名をつけられたとか。

その罪が『仇討ち』ということから他の囚人たちには気に入られ、脱獄の手助けもされたようです。
まだ犯罪者の側にも義理人情が生きていた時代ということなんでしょうか…。

最終的に網走刑務所に移された後は模範囚となり、このように門の前(牢どころか建物の外!)の掃除を任されるまでになった…

という、波瀾万丈のエピソードの持ち主なんですね。
人形だけを見ると、ただの小柄な男なのですが。

網走監獄・煉瓦門・面会人待合室.jpg

煉瓦門の脇の小部屋を覗いてみると…
向かい合って座る、上品そうな身なりの二人の人物(の人形)。

ここは囚人との面会の待合室。
せっかくこんなに交通の便が悪いところまで来ても面会を許可されないこともあったとか。

網走監獄・旧庁舎.jpg

煉瓦門を入ってすぐにある【旧庁舎】。
一見洋風に見えて、屋根は瓦葺きの木造和洋折衷建築。
網走刑務所の管理棟として使われていた建物です。

網走監獄・面会室.jpg

【面会室】
旧庁舎の中にさらに小屋が建ててあるような形式だったのですが…
これは本来外にあった建物なのかな??

今でも【網走刑務所】には凶悪犯を収容する極寒の流刑地のイメージがあると思いますが、
数十年前ならば『二度と生きては出られない』と思われていたのかもしれません。

※実際には網走刑務所は過去も現在も『凶悪犯専用』というわけではないそうです。

昭和初期の場合、東京から網走までは三泊四日。
多額の旅費を使ってこの地へたどり着いても、面会時間はわずか30分…。

面会に来る人々はどのような心情だったのでしょうか。

網走監獄・典獄の部屋.jpg

【典獄室】。
典獄とは今で言う刑務所長のこと。

机の上には出前の岡持ちのようなものがおかれていますが、
これは典獄の食事ではなく【検食】といって囚人用の食事をチェックしている場面。

手前の刑務官がサーベルを持っているのが時代を感じさせます。

網走監獄・官舎.jpg


【旧網走刑務所職員官舎】
明治時代に建てられた職員官舎の再現したもの。

網走監獄・官舎・内部.jpg

職員官舎の中。
この部屋は拝命されたばかりのの新人看守のためのもっとも狭い物。
9坪・1LDKの室内に一家4人が生活している様子が描かれています。

この写真に写っているのはリビングに相当するスペースかな?
右手には蚊帳のつられた部屋、写真を撮っている場所は玄関、
写真にはまったく写っていないのですがこの右方にはちょっと狭めの台所があります。


この官舎は長屋風。3軒が繋がった形になっているのですが内装が再現されているのは1軒分。
他2軒分は休憩室になっています。
タグ:北海道 網走
posted by MAX CARTER at 08:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。