2010年08月24日

アイヌ料理

遊覧船を下りた後はまたアイヌコタンへ。
アイヌ料理を食べられる店があったので、突入!


阿寒湖畔・アイヌコタン・ポロンノ.jpg

アイヌコタンのゲートに近い、【民芸喫茶ポロンノ】。
…15:30という半端な時刻のせいか店内には誰もいない…

って、店員さんもいない(笑

まぁ、声をかけたら奧からすぐ出てきてくれましたが。

阿寒湖畔・アイヌコタン・ユックセット.jpg

ツックセット850円。

右側の椀がユックオハウ、鹿肉と山菜のスープ。
とても優しい旨味成分たっぷりな味。

左側のご飯はただの白米ではなく、アマムというアイヌ風炊き込みご飯。
キトピロ(行者ニンニク)、にころ豆、いなきびなどが入っています。

奧に隠れてしまっている小皿に乗っている黒いペーストはメフン。
サケの背わたの塩辛です。一尾からほんの少ししか取れない珍味だそうです。
アマムの上に乗せて食べてみたり…。

阿寒湖畔・アイヌコタン・鹿肉.jpg

これが鹿肉。
やや硬めですが滋味たっぷり。

〜〜

食べている間にランドセルを背負った小さな女の子が『ただいま〜』といって入ってきて、
僕の隣のテーブルに座るとノートを開いて宿題?をはじめました。
店主さんの子かな??

あれ、そういえばまだ8月なのに…と一瞬思いましたが、
北海道は8/16頃に夏休みが終わっているんですね。

〜〜

【民芸喫茶ポロンノ】
http://www7.plala.or.jp/poronno/index.html
北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-7-8
5〜10月:10:00〜22:00
11〜4月:12:00〜21:00
posted by MAX CARTER at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメレポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。