2010年08月23日

根室市街地

納沙布岬から根室市街へ戻ります。

根室・返せ北方領土.jpg

またしてもこんな看板を目撃。
やはり根室の町と北方領土を切り離して考えることはできません。

根室・除雪車.jpg

市役所の駐車場に、当然のように停まっている除雪車。
東京では除雪作業が必要になるほど積もることはほとんどありませんから、除雪車なんてほとんど見ませんね…。

根室・エスカロップ.jpg

昼食は根室名物のエスカロップで。
詳しくはこちら

〜〜

食事の後は、正午過ぎの電車で釧路へ移動します。

根室駅前と観光案内所.jpg

根室駅前に到着。
左側の青みがかかった建物がJR根室駅、
右側の白い建物は観光案内所とバスセンターです。

札幌からの高速バスも、納沙布岬への路線バスもここに発着します。
もちろん今朝到着したのもここ。

観光案内所で100名城スタンプのNo.1【根室半島チャシ群】をゲット。
100名城最難関といわれたポイントを35個目にしてクリア…したのは、早いのか??

根室駅前・地図.jpg

根室駅ちかくにある地図。
英語とロシア語で記述されています。

釧路行き車両1.jpg

2時間に1本、1輌だけのディーゼル車。
この前面部分はこれでいいのでしょうか。なにかパーツを忘れているようにも見えるのですが。

釧路行き車両2.jpg

中はこんな感じ。
長時間乗る車両だけに、椅子の座り心地は東京近郊の通勤車両よりも上です。
発車間際の様子ですがご覧の通りガラガラ。鉄道の需要が低いんだなぁ…。

釧路行き車両3.jpg

この地域では当たり前なのかもしれませんが、冷房設備は扇風機しかありません。
まぁ昨日函館・札幌が30℃前後の暑さだったの比べ、今日の根室は22℃程度。
窓を開けていれば風が心地よく、過ごしやすい気温でした。

根室駅・日本最東端有人駅看板.jpg

JR根室駅は鉄道の有人駅としては日本最東端。
ホームの端にはけっこう目立つ看板が。

東根室駅.jpg

根室を出発した電車が最初に停車するのが【東根室】駅。
無人駅も含めた全国の鉄道駅の中で最も東にあります。
ホームからいきなり道に降りられてしまうという、非常に簡素なつくりの駅です。

ちなみに最西端の駅は、JRに限れば【佐世保】駅、
私鉄も含めると松浦鉄道の【たびら平戸口】駅(以上2つは長崎県内)、
モノレールも含めればゆいレールの【赤嶺】駅(沖縄県内)。

佐世保駅は行ったことがあります。
たびら平戸口駅はバスで近くを通ったことがあります。
赤嶺駅はゆいレールに乗ったまま通過したことならあります。

つーわけで、ま、一応日本の鉄道駅の東西両端をコンプリート。

東根室駅・最東端の駅.jpg

電車が走り出してから気付いたので真ん中に写せませんでしたが…
やはりありました、『日本最東端の駅』の表示。

〜〜

2時間半ほど走って釧路到着。
ここからバスに乗り換えて釧路湿原の方へ向かいます。

乗り換え時間は5分。
例によって全力ダッシュで駅ロッカーへ、荷物を放り込んだらバス停へ…

※改札、ロッカー、バス停がほぼ一直線に並んでいて良かった…。
posted by MAX CARTER at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 町の風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。