2010年08月22日

松前→木古内

松前・松城バス停から木古内駅へ移動。

経路上に、

【青函トンネル記念館】

というものがありました。
もちろん1日目に行った青森県竜飛岬のものとは別です。

バスの中からは円筒を並べたような建物と、屋外に工事車両が展示されているのが見えたのですが、中がどうなっているのかはまったくわかりません。その日開館しているかどうかさえ判らなかったので今回はパス…。

青函トンネル記念館と同じくバスの経路上、1kmと離れていない場所には

【千代の富士記念館】

なる施設もありました。
千代の富士といえば、20年くらい前に人気のあった横綱。
関取としては細身の身体ながら『ウルフ』の異名を取るほどの強さを誇っていました。

…北海道松前郡の出身だったんですね。

どちらも、また松前あたりに行く機会があったら寄ってみたいと思います。

バスの本数が少ないので、ちゃんと計画を立てないと行けないのが難点。

〜〜

木古内駅到着。
予定より若干早く、乗るつもりだった快速より1本速い特急に乗ることができました。

フォト

このとき初めて見たのですが…
木古内駅の函館方面ホームは恐ろしく幅が狭い…

『二列に並んでお待ち下さい〜』
『黄色い線の内側を歩いて下さい〜』

と、都心の駅ならアナウンスがあるところですが…
ちょっと難しいかと。特に花のおいてある部分など。

東京の駅並みに人がいたら、毎朝ホームからの転落事故が発生しそう…

〜〜

函館へ移動。
次は市電に乗り換えて五稜郭へ。

〜〜

バス経路については往路の記事も参照して下さい。
タグ:松前 北海道
posted by MAX CARTER at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 町の風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。