2010年08月21日

函館・旧イギリス領事館

17:33、函館駅到着。

はるばる来たぜ函館!(お約束)

…すぐ路面電車に乗り換えて函館市内見物へ。

【どっく前】ゆきに乗って【末広町】駅で下車、
そこからは徒歩で【旧イギリス領事館】へ。

函館・旧イギリス領事館・外観.jpg

領事館前。
(裏焼きしているわけではありませんw)

1階にはショップと喫茶室のようです。
チケットを購入して2階の展示室へ。

函館・旧イギリス領事館・ビデオ上映室.jpg

暖炉のあるこの部屋ではビデオ上映が行われていました。

函館・旧イギリス領事館・領事室.jpg

領事室。
執務机に座って記念写真を撮れます。

函館市民に親しまれたリチャード・ユースデン領事についての展示があります。
ユースデン領事の人形が窓から外を眺めていたり…
棚には当時の品が飾ってあったり…

函館・旧イギリス領事館・家族居室.jpg

家族居室。
趣味のよい内装です。

夫人の写真や家族の日用品などが展示されていました。

〜〜

イギリス領事館の一部は【開港ミュージアム】になっています。

函館・旧イギリス領事館・展示室.jpg

展示室には解説パネルの他、いろいろ仕掛けがあります。
樽を覗くと函館市街地の現在と昔の写真が見られたり、
ダンスのアニメーションが見られたり。
函館に外国船が入港したときの様子を模型と映像で上映するコーナーも。

函館・旧イギリス領事館・ペリー像.jpg

展示室には等身大ペリー人形も。

〜〜

函館・旧イギリス領事館・中庭.jpg

2階の展示室から出て見下ろすと、
中庭には昔の函館の地図が大きく描かれています。

1階におりると、そこは【函館モダンストリート】。
開港当時の西洋人の様子を描いたイラストが並んでいます。

函館・旧イギリス領事館・ハイカラスクエア.jpg

続いて【函館ハイカラスクエア】。
観光地によくある、穴から顔を出して記念撮影をするパネルの大きな物だと思えばだいたい正解です。
向かい側が鏡で、カメラのレンズを出すための穴もあるところがちがいます。
一人で言っても記念撮影ができるという代物。

函館・旧イギリス領事館・庭園.jpg

庭園の様子。
もっと明るい時間帯にきたら奇麗に見えたのかな…?
噴水があったり四阿があったり。
花がちょっと残念なことになっていますが…。

〜〜

【旧イギリス領事館】
http://www.hakodate-kankou.com/british/index.html
函館市元町33-14
開館時間:
 4/1〜10/31:9:00〜19:00
 11/1〜3/31:9:00〜17:00
休館日:12/31〜1/1
入場料金:大人300円、高校生以下150円
 旧函館区公会堂、函館北方民俗資料館、函館市文学館との共通券あり

posted by MAX CARTER at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史的建築物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。