2010年05月04日

銀閣寺

清水寺の次は、5年前に行き損ねた【銀閣寺】へ。
まぁ中学時代の修学旅行で一度来ているのですが、断片的に景色を憶えている以外、道順などについてはほとんど記憶はほとんど無し。まぁ25年も経っているしなぁ。


銀閣寺・観音殿2.jpg

有名な観音殿は入ってすぐに見られるのですが、
ゴールデンウィーク中の特別公開ということで普段は非公開の本堂と東求堂の中がみられるとのこと!

でも受付までまだ1時間近くあるので、先に庭園を一回りすることに。

銀閣寺・向月台と銀沙灘.jpg

砂で作られた縞模様が【銀沙灘】、奧にある円錐台が【向月台】。
向月台は高さが人の背ほどもあるかなり大きな物です。

銀沙灘の平行線が波、向月台が月の姿を示し、
あわせて池に映った月を表しているのだそうです。

銀閣寺・辨財天.jpg

回遊庭園にある【辨財天】。
庭園の中はかなりの高さののある場所も。

銀閣寺・丘の上から見下ろす.jpg

中央に銀沙灘、左手に観音殿、右手に本殿です。

銀閣寺・観音殿1.jpg

一周してまた観音堂前へ。
で、そろそろ本堂・東求堂の見学時間。

というわけで中へ。
与謝蕪村や池大雅の襖絵が見られます。
鳥の飛び立つ姿を連続写真のようにとらえた作品、
作者自身が仙人?として描かれた作品。

奥田元宋の風景画は現代作品ですが見事。
部屋毎に、襖から壁から一周ぐるりと続く川の絵や、
襖8枚にわたって描かれた湖畔の紅葉など。

つぎに書院。
日本最古の四畳半一間だそうです。
書院というのが机代わりになる窓際の段のことだと初めて知りました。
言葉だけは中学校くらいで習うのにね…。
そしてその段上のことを『文房』といい、そこに飾る道具だから『文房具』。へぇ。
筆、墨、硯、紙を飾り付けるんですね。なかでも硯が一番大事なので小さな屏風がおかれています。
違い棚には上に茶器、下に花と決まっているのだそうで…。

この部屋には床の間がありません。
しかし、正面の障子を細く開けると目の前には真っ赤な葉が見え、それが掛け軸の変わりになるという…。

ふーん、これが風流というものか…。

〜〜

というわけで25年ぶりの銀閣寺、非常に興味深く見学しました。
タグ:京都府
posted by MAX CARTER at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社・教会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。