2010年05月04日

清水寺

関西旅行最終日。
スルッとKANSAIパスはもう期限が切れてしまっていますが、京都市内のバスと地下鉄のフリーパスを買って見学していきます。

京都見学というと…
5年前、途中で体調を崩して酷い目にあったという苦い思い出が…。
今回は最後まで無事にいけますように…。

早速バスに乗って、まず清水寺へ。

清水寺・赤門.jpg

赤門(仁王門)が見えてきました。
赤門の一部に、触ると耳がよくなる?という場所があったような気が…

赤門をくぐって階段を上って行くと、

清水寺・鐘楼.jpg

左手には【鐘楼】。
江戸時代初期の建築で重要文化財。
普通は柱は四角形の頂点にあたる各位置に1本ずつ、合計4本しかないのですが、
清水寺のものは長辺の中央にも柱があり合計6本なのが特徴。

中に吊られている梵鐘は室町時代のもので、重さは2.3トンもあるそうです。

清水寺・三重党.jpg

右手には【三重塔】。
こちらも江戸時代初期に再建されたもので重要文化財。
三重塔としては国内最大級の高さ31メートル。

そして正面には【随求堂(ずいぐどう)】が見えてきます。
随求堂って前に来た時に見た憶えがないのですが、『胎内巡り』ができるようです。
まだ受付開始前だったので、一回りしてから戻ってくることにして先へ。

清水寺・経堂.jpg

これも江戸時代初期の建築で重要文化財の【経堂】。
平成12年に解体修理が行われたもの。

清水寺・朝倉堂.jpg

【朝倉堂】。
越前の守護大名である朝倉貞景が寄進したもの。
これも江戸時代初期に再建されたもの。
中には千手観音がおさめられているそうですが見られません…。

その次がいよいよ本堂。

清水寺・弁慶の錫杖.jpg

本堂の手前には鉄の錫杖が置かれています。
弁慶が使っていた物、とされているそうですが…
重さは100kg近く。持ち上げることができると御利益があるとかないとか…。

いやホントに弁慶のものならそんな貴重品を観光客に触らせちゃだめだよね…。

清水寺・本堂.jpg

そして本堂(舞台の上)。
舞台の上だと舞台の上だと、そこが舞台の上だとは判らないのであまり面白くない気が…

清水寺・地主神社・入口.jpg

本堂を過ぎると、これまた有名な【地主(じしゅ)神社】。
もとは清水寺の一部だったのが、いまは一応独立した神社で、
でもやっぱり清水寺の一部と見てしまうような…。

ってあれ?
なんか、つい最近この光景みたような気がふっと…。

〜〜

地主神社は縁結び・恋愛関係の御利益でとくに有名なんですが…

清水寺・地主神社・幸福祈願所.jpg

幸福祈願所。

清水寺・地主神社・水かけ地蔵.jpg

水かけ地蔵。

清水寺・地主神社・大国主命とウサギ像.jpg

なんだかちょっとマンガっぽい造形の大国主命とウサギ。

清水寺・地主神社・撫で大黒さん.jpg

なで大黒。

…ここまで全部、メインの御利益は縁結び。
ええ、ぜんぶ拝んできましたとも。

清水寺・地主神社・恋占いの石.jpg

これまた有名な恋占いの石。
ここから出発して、離れた場所にあるもう一つの石のあるところまで目をつぶったまま歩いてたどり着ければ恋の願いがかなうというということで…

このときは混雑していたのでなかなか難しいような気が…

〜〜

清水寺・舞台.jpg

地主神社からさらに先に進んで振り返ると、ようやく舞台全景が見えます。
この光景が清水寺見学のクライマックス、かな?

この先には音羽の滝があるわけですが、慌ててそこへ向かわずにちょっと脇道にそれて昇ったところには、

清水寺・三重塔から舞台まで全景.jpg

三重塔から本堂舞台までの主立った建物を一望できるポイントがあります。

清水寺・福禄寿像.jpg

音羽の滝の少し手前にある小さな福禄寿。ほぼみんな素通り…。

清水寺・音羽の滝.jpg

これは有名な音羽の滝。
3つある滝の、どれがなんの御利益だっけ…。

長蛇の列だったのでパス…。

一回りしてもまだ胎内巡りの開始前だったので、茶店でお汁粉を。

〜〜

清水寺・胎内巡り.jpg

9時、胎内巡り開始。
お堂の地下の通路を一周するだけなのですが、
通路内は照明がなく真っ暗。
手すりのように続いている大きな数珠を左手で辿りながら歩いていきます。

ときどき前の人とぶつかりそうになったり、壁にぶつかりそうになったりしながら進んでいくと…

途中一箇所だけ明るくなっている地点には、梵字が刻まれた石がおかれています。

そしてまた暗闇を通って外へ。

…まぁこれで悟りを開くというよりはアトラクションみたいな感覚なんですが。

〜〜

というわけで清水寺見学終了。
posted by MAX CARTER at 08:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社・教会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。