2010年05月03日

和歌山城3

動物園から、今度は城の北に向かいます。


和歌山城・大手門.jpg

ここが【大手門】(正門)と【一の橋】。
この写真を撮っているのは門の外側で旧三ノ丸。現在は市街地になっています。
大手門を入ったところが二ノ丸で。そこより内側が城の内郭ということになります。

一の橋を入ってすぐの場所には、

和歌山城・一の橋の樟樹.jpg

天然記念物となっている【一の橋の樟樹】があります。
かなり大きな木です。

二ノ丸の北側と西ノ丸は現在は庭園として整備されています。
そちらへ向かって進むと…

和歌山城・虎伏.jpg

なぜかトラの石造が。
実は、和歌山城のある山が虎の伏せている形に似ているということで【虎伏山】というのですね。和歌山城も【虎伏城】とよばれることがあるそうです。

さらに進んで…

和歌山城・裏坂.jpg

【裏坂】。ここを昇ると天守曲輪の前に戻ります。
この裏坂のあるあたりの北側が、

和歌山城・二ノ丸庭園.jpg

【二ノ丸御殿跡】です。
今は建物はありませんが…。

二ノ丸と西ノ丸庭園を結ぶように、
【御橋廊下】があります。

和歌山城・御橋廊下入口2.jpg

入口はこんな感じ。
本来は御殿とつながっていたのだと思いますが…。

中へ入ってみると、

和歌山城・御橋廊下.jpg

2006年に復元が完成したばかりなのでまだ奇麗です。
廊下は傾斜しているのですが、単なる坂道ではなくすべり止め?のつもりなのか、ごく低い段差がつけられています。…下を見ないで歩いて段の角を踏んでしまうと非常に痛い(苦笑)

和歌山城・御橋廊下入口.jpg

出口は【西ノ丸】。

和歌山城・西ノ丸庭園.jpg

こちらは和風の庭園として整備されています。

和歌山城・鳶魚閣と御橋廊下.jpg

振り返ってみると、御橋廊下が堀の上を渡る【橋】であることがよくわかります。
手前の建物は【鳶魚閣(えんぎょかく)】。

和歌山城・鶴の渓.jpg

西ノ丸から砂ノ丸にいたるこのあたりのことを【鶴の渓】とよんでいるそうです。
実際にここで鶴を飼育していたこともあるそうです。

和歌山城・砂の丸.jpg

そしてここが【砂の丸】。
学校のグラウンドにしか見えませんが。

これで城内を一周したことになるのかな。

和歌山城・歴史展示室.jpg

城の北西部には土産物店と資料室があります。

和歌山城・歴史展示室・内部.jpg

資料室を覗いてみました。
城の昔の姿などが見られましたが…例によって見学者は僕一人。

記念品をいくつか購入して和歌山城見学終了。
まぁ足を伸ばしてみただけのものは見られました。

〜〜

【和歌山城】
http://www.city.wakayama.wakayama.jp/menu_1/gyousei/wakayama_siro/menu.html
開場時間:9:00〜17:30(17;00最終入場)
休業日:12/29〜12/31
入場料金:大人400円、小中学生200円
posted by MAX CARTER at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。