2010年05月02日

飛鳥板蓋宮〜大化の改新の舞台

さらに移動して【飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)跡】。

飛鳥板蓋宮跡・全景.jpg

ここ飛鳥板蓋宮は643〜645年のあいだ日本の宮、首都…というか皇居?だった場所ですが、655年に再び宮となったもののその年のうちに焼失。
大化の改新に先立つ乙巳(いっし)の変で中大兄皇子や中臣鎌足の手によって蘇我入鹿が殺された地だと言われています。

大化の改新といえば、『蘇我氏をムシコろす』とかなんとかわけのわからないゴロ合わせで年号を憶えたような…。

飛鳥板蓋宮跡・石敷井戸.jpg

きれいに復元された板蓋宮石敷井戸。

実際に蘇我入鹿が切られたのはどのあたりなんでしょうね?

ここも歴史公園として整備され見学しやすくなっています。
タグ:奈良県 飛鳥
posted by MAX CARTER at 13:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 史跡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。