2009年09月24日

盛岡城

盛岡市内には100名城の1つでもある【盛岡城】があります。

ここまで触れていなかったのですが、実は毎日盛岡市内の宿に戻る前に寄ってすこしずつ見学していました。

盛岡城は南部氏の居城でした。
建物は全て失われていますが、本丸・二ノ丸・三ノ丸の石垣が残っています。

盛岡城・吹上門への上り坂.jpg

現在の盛岡城公園へ入場するメインルート、吹上門跡へと昇る入口。

盛岡城・腰曲輪.jpg

吹上門跡から入り、腰曲輪へ。
僕が見に行ったときは、なぜか彫刻(?)作品が並んでいました。
常設の展示ではなく、期間限定のものだったようですが。

盛岡城・三ノ丸・巨石.jpg

三ノ丸のほうまでぐるりと回っていくと、こんな巨石があります。

盛岡城・三ノ丸.jpg

三ノ丸。石垣の高さからうける印象よりも狭いですね。

三ノ丸から二ノ丸へ、車門跡を通って上って行きます。

盛岡城・二ノ丸.jpg

二の丸。
本丸が手狭なため、御殿は本丸と二ノ丸にまたがって建てられていたそうです。
現在ここには石川啄木の歌碑があります。

盛岡城・二ノ丸から本丸への橋.jpg

二ノ丸から本丸へかかる橋。
本丸と二ノ丸の御殿を結んでいた【御廊下橋】ですが、現在の橋は新しく架けられたものです。

道路から入ってきて数分でここまでたどり着いてしまいました。
たぶん石垣の上の最外周をまわったのに。
うーん、かなり狭いですね。
東北めぐりで見た他の城に比べてずいぶん小さな印象を受けます。
石垣は高いので下から見たときは大きな城なのかと錯覚してしまうのですが。

盛岡城・本丸.jpg

盛岡城本丸。
この写真でほぼ全景。

盛岡城・本丸・南部利祥像の台座.jpg

本丸の中央部にある、南部利祥(なんぶとしなが)像の台座。
南部利祥は南部家第42代当主。その頃はもう明治時代なので『藩主』ではありません。
陸軍中尉となり、日露戦争で小隊長として前線で指揮を取っていましたが24歳の若さで戦死。
旧盛岡藩士らによって銅像が建立されましたが、太平洋戦争中の金属供出によって像本体は撤去され、現在は台座しか残っていません。
…なんとも不運な人です…。

盛岡城・本丸・三重櫓跡.jpg

本丸、三重櫓跡。
盛岡城には天守閣が無く、この写真の位置にあった三重櫓が天守閣の代わりとなっていました。

最後に、盛岡城の裏側にある櫻山神社周辺を散策。

盛岡城・時鐘.jpg

城の近く…かつては城内だったのでしょうが今は商店・民家の並ぶ一角…にある時鐘。
昭和30年頃まで実際に時刻を知らせるために鳴らされていたそうです。
ここから盛岡城とは反対側に進むと岩手県公会堂のほぼ正面に出ます。

盛岡城・櫻山神社.jpg

盛岡城三ノ丸の裏手にある【櫻山神社】。
このすぐ近くからも三ノ丸に登れます。

盛岡城・烏帽子岩.jpg

櫻山神社境内にある【烏帽子岩】。
盛岡城築城時に出土した巨石です。
南部藩の守り岩として信仰の対象となっています。

この写真は櫻山神社側から撮った物ですが、三ノ丸からも岩の上半分を見ることが出来ます。
posted by MAX CARTER at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。