2009年09月24日

観自在王院跡

いったん平泉駅前まで戻り、次は【毛越寺】へ。
駅から1kmとないので徒歩で行くことにしました。

毛越寺の手前に、なにやら寺院跡?のようなところがありました。
先にちょっと見ていくことに。

入口にあった説明パネルによると、ここは【毛越寺跡附鎮守社跡・観自在王院跡】。
観自在王院とは阿弥陀堂のことで、【吾妻鏡】に藤原基衡の妻が建立した寺院と記されたものだそうです。

現在は敷地中央【鶴が池】と【中島】が復元されています。

観自在王院跡・南門跡.jpg

南門跡(車道側)からみた観自在王院跡全景。
中央奧の木の生えているあたり【鶴が池】。

観自在王院跡・舞鶴ヶ池.jpg

復元された【鶴が池】と【中島】。
鶴が池は東西105m、南北110m。
中島は東西35m、南北10mほどの大きさ。
タグ:岩手県 平泉
posted by MAX CARTER at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 史跡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。