2009年09月24日

平泉【無量光院跡】

岩手旅行4日目(最終日)。

朝5時半にホテルをチェックアウト。6時すぎの新幹線〜在来線と乗り継いで【平泉】へ。

平泉駅についたとき、まだ駅前の観光案内所やレンタル自転車店も開店前。とりあえず、徒歩で中尊寺へ向かって移動。

平泉・無量光院跡・全景.jpg

駅から中尊寺へ至る道の半ば、【無量光院跡】がありました。
案内板が設置され通路も設定されているものの、いまだ『発掘現場』のような雰囲気。あちこちシートをかけて地面を保護してあったり。

案内図に従ってちょっと寄り道。


【無量光院】は藤原秀衡によって建立された寺院。
有名な平等院鳳凰堂を模したデザインで、完成当時は平等院を上回る規模だったそうです。

平泉・無量光院跡・案内板.jpg

入口付近にある案内板には、このような復元予想図がありました。

いまは建物はまったく残っておらず、礎石や池の跡が残っているだけです。

平泉・無量光院跡・中島1.jpg

当時池だった場所も今は単に周囲より多少凹んだ土地にすぎず、その中へカーブして続いている道を通って中島へ。

平泉・無量光院跡・中島2.jpg

中島の上に来ました。

現在の状況から当時の景観を想像するのは難しいのですが、『島』の位置と大きさから相当大きな建物だったことは判ります。

〜〜

さらに歩いて中尊寺参道入口へ。
タグ:岩手県 平泉
posted by MAX CARTER at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 史跡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。