2009年09月23日

宮沢賢治童話村

【賢治童話村】はかなり広い敷地をもつ施設でした。
雨が降っていたので建物部分しか見ませんでしたが…。

ゲートを入ると広場になっていて、
左の方にはログハウスをいくつも組み合わせたような【賢治の教室】、広場の向こうには【賢治の学校】があります。

まずは賢治の学校を目指して進みます。

宮沢賢治童話村・賢治の学校・入口.jpg

この通路も童話の世界を表しているようです。

通路の周囲の地面には銀色の大小の球が不規則に埋め込まれているのですが、ふと見ると

宮沢賢治童話村・賢治の学校・星座.jpg

これは…サソリ座…?

そう思って探してみるとはくちょう座など【銀河鉄道の夜】に登場する星座がひととおりあるようです。

通路自体も変わっています。

宮沢賢治童話村・不思議な階段.jpg

ゆるい下り階段のように見えるのですが、周囲の地面は傾斜していないように見えます。

この階段を『下りきる』と入口。
この建物の中には、宮沢賢治の童話の世界をイメージした五つの部屋があるということで…

【ファンタジックホール】
宮沢賢治童話村・賢治の学校・ファンタジックホール.jpg

最初の部屋は、白い広い空間でした。
本棚とテレビ、そして形がバラバラのいくつかの椅子が並んでいます。
一瞬、壁には木の絵が描かれているように見えますが、よく見るとそのシルエットは夕焼けから星空へと変わる外の風景の絵になっており、壁の亀裂のようにも思えてきます。

椅子に座ってみると足下には童話の一節が書かれています。

〜〜

【宇宙の部屋】

次の部屋に入ると景色は一転。
上下左右すべてが星空。
はくちょう座など、賢治の童話にも登場する星座が見えます。


〜〜

【天空の部屋】

次の部屋では、床に埋め込まれたモニターに空撮映像が映し出されています。
と同時に、天井からもプロジェクタで映像が映しだされます。

〜〜

【大地の部屋】

宮沢賢治童話村・賢治の学校・大地の部屋.jpg

次の部屋は、巨大なアリやバッタ、カタツムリなどのいる世界。
ここまでとは対照的な暖色系の光に照らされた巨大な同植物たちは、
濃厚な大地の生命感を表しているのでしょうか。

…どこからともなく猫の鳴き声が聞こえてくると、部屋の照明が暗転。それは夢から覚めたことを表しているのか、世界の終わりを表しているのか…。

〜〜

【水の部屋】

宮沢賢治童話村・賢治の学校・水の部屋.jpg

青く照らされた光の柱のオブジェ。
賢治は青い色を好んだそうです。

〜〜

えーと。

で、結局、なにがなんだかよくわからなかったのですが。
…実は宮沢賢治には得に思い入れがあるわけではないのですが…
熱烈なファンだと『あの作品のあの場面』が思い浮かんだりするのでしょうか???

〜〜

5つの部屋を通り抜けた先は、普通の展示コーナーでした。
【注文の多い料理店】と【セロ弾きのゴーシュ】の各場面を表した模型が飾られていました。

宮沢賢治童話村・賢治の学校・セロ弾きのゴーシュの人形ジオラマ.jpg

物語の流れに沿って数十のジオラマが並んでおり、その多くは人形などが動きます。

〜〜

【賢治の学校】を出た後は、ログハウス風の【賢治の教室】を一回りしました。
いくつかの小屋が並んでいて、一つ一つが別々のテーマについての展示室になっています。

植物、動物、星、鳥、森、宝石…。

賢治の童話にからめて、ちょっと学問的な解説も。

展示室の外に出ると、閉館の放送が聞こえてきました。中にいる間はまったく聞こえなかったのですが、ゆっくり見ているうちに閉館時刻をだいぶ過ぎていたいようです。

〜〜

新幹線の時間まで30分以上あったので、歩いて新花巻駅へ。
帰りは下り坂なので楽です。
posted by MAX CARTER at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。