2009年09月23日

宮沢賢治記念館

新花巻駅の近くには、宮沢賢治に関係した博物館などがいくつかあります。
そのうちの1つ、【宮沢賢治記念館】へタクシーで移動。
700〜800円くらいでつくような距離ですが、後半がずっと上り坂。帰りはともかく行きは歩くとけっこう大変かもしれません。

〜〜

新花巻・山猫軒.jpg

記念館と駐車場を挟んで向かいに【山猫軒】なるレストランがありました。
遠野では昼食を取り損ねたので、先に食事をすることに。

食事の様子はこちら

〜〜

さて、記念館です。

新花巻・宮沢賢治記念館.jpg

記念館窓口の掲示によると、周辺の4つの有料施設のうち複数を回る場合は割引券があるとのこと。
時間を考えると、いまいる【記念館】の他に【童話村】を見ることができそうです。
…というわけで2館券550円を購入しました。

宮沢賢治記念館はそれほど規模は大きくない博物館でした。
賢治の生い立ちから作品の紹介まで、いろいろな解説のパネルがありました。

銀河鉄道の夜などの自筆原稿が多数展示されていたのですが、案外字がヘタで、小学生の作文のようです(笑)

〜〜

展示室の中央にはプラネタリウムのような設備があります。
入口は常時開放で出入り自由。
…ただし大人は身をかがめなければならないほどの高さしかありません。

中へ入ると、南十字星など地平線より下の星も描かれています…普通のプラネタリウムのように中央からドームに投影するのではなく壁に直接星座が描かれている方式。
立ち見で、解説ナレーションを聞きながらあっちを向いたりこっちを向いたり。
これはこれでなかなか面白い見方でした。

ボタンを押すとその星座が点滅する仕掛けになっていたようなのですが…いくつか故障していました(笑)

〜〜

展示室の一番奧のあたりには、賢治のチェロ、賢治の妹のバイオリン、カルテット用の譜面台、メトロノームなどが飾られていました。
このチェロの音色を聴く、ということで95年?に演奏されたトロイメライを聴けるようになっていました。

〜〜

新花巻・宮沢賢治記念館・月の石.jpg

なぜか博物館ベランダに『南極の石』が。

このベランダは高台の上なので、晴れていれば眺めがいいのでしょう…生憎僕が言ったときは雨が降り続いていたので遠くは見えなかったのですが。


※展示室内撮影禁止なので、写真は建物外観と月の石のみ
posted by MAX CARTER at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。