2009年12月06日

東京大学制作展 iii Exhibition 11

【東京大学制作展 iii Exhibition 11】を見に行きました。
今回も電子・機械・情報の技術を使った現代アート作品…だと思うのですが、
アートよりは技術寄りになってしまうのは、まぁ仕方ないのかな。

会場は赤門と正門の中間あたりの屋外展示と、工学部2号館の展示室の2箇所。

屋外展示は、LEDをボードに刺して『来場者の足跡を残す』というもの。
導電性の加工をしてある樹脂板を二枚重ねにしてあるのかな。

工学部2号館の展示室には…
湯沸かしポットや掃除機のシッポを付けた作品、
カメラで撮影された自分の顔から鼻息が出ている様子を表示する作品、
人間の足下に『年収300万のメタボ』などプロフィールを表示し、足元を見られる婚活マシン、
、、、って、こうやって書くとなんかしょーもない物ばかりだなぁ、、、

しょーもないけど、例えば鼻息はカメラの画像からリアルタイムで鼻の位置を検出する顔認識、婚活マシンも画像処理で人の『足下』を検出するなど、地味に面白い部分はあるんですよね…

PASMOの情報を読み取り、来場者たちがどのように鉄道で移動したかを表示するデモ、
プロジェクタで映し出された影の部分をキャラクタが歩き回る作品、
いくつかある卵形の物体を並べていくと順に光が点滅するようになる、神経細胞の動きをもしたオブジェ…

なぜか、学園祭で上演されるような短編映画も作品として上映されていました。
主人公が東大本郷キャンパス内を歩いていると、空から生の鯵が降ってきて…
…あれは結局何が言いたかったんだろう。解説を読んでも納得がいかん。

定期的にやっているようです。
posted by MAX CARTER at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。