2009年09月23日

キツネの関所、さすらい地蔵

伝承園見学後。

伝承園から遠野駅方面へのバスの本数が恐ろしく少ないので、帰りはタクシーにしました。

伝承園から駅への経路上に、ちょっとした立ち寄りスポットがあるので御紹介。

【きつねの関所】
遠野・キツネの関所.jpg

夜中に土産などを持って一人でこのあたりを通ると、
女に化けたキツネに騙し取られてしまう…という言い伝えがあるそうです。

…といっても、この石塔というか案内板があるだけなんですが…。


【さすらい地蔵】
遠野・さすらい地蔵・全景.jpg

この写真で見える範囲ですべて、という小さな神社にある女性型の地蔵なのですが、昔は夜な夜な台座から下りて村の若い衆と遊び回っていた、という…
…完全にオカルトですがなそりゃ…

別の説では、村の力自慢達が地蔵を持ち上げてはどこか離れた場所へ捨ててしまう、
ということを繰り返していたということで…
…それはそれで罰当たりな…

遠野・さすらい地蔵.jpg

どちらにせよあちこち動き回っているうちに地蔵の首は取れてどこかへなくなってしまい、
今でも胴体だけがこの地に立っています。

〜〜

上記はいずれも遠野駅と伝承園を結ぶ最短経路の道沿いにあり、数分で見学できるほどの小さなスポットです。
が、前の記事で紹介したバスはキツネの関所の近くを通らないようで…
それに本数が少ないので、ちょっと立ち寄るだけの場所にバスアクセスは不向きです。

というわけで、駅前で自転車を借りるのがよいかと思います。
伝承園・カッパ淵までは5kmなので自転車でも十分でしょう。
山口の水車小屋までは9km、後半が上りになるのでちょっとキツイかも…

posted by MAX CARTER at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 町の風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。