2010年06月23日

【いばらの王】見て来た。

別の映画で予告編を見てから面白そうだと思っていた【いばらの王】をようやく見て来ました。
東京都内での上映館が新宿と板橋だけ、しかも1日1回朝からの上映だけ。
今日の午前中が空きで良かった…。

〜〜

感染すると60日以内に身体が石化して死んでしまう病気【メデューサ】。
160人の感染者が未来の医療技術に希望を託し、古城を改造した冷凍睡眠施設で眠りにつく。

…警報音とともに目覚めた彼らが見たものは、
イバラに覆われ変わり果てた施設の姿と、正体不明の怪物の群れだった。

怪物たちの最初の襲撃から逃れられたのはたった7人。

あの化け物たちはどこからやってきたのか。
いったいどれだけの時が流れたのか。
世界はどうなっているのか…?

〜〜

…というお話。

まぁネタバレは避けて…。

とにかく面白かった!
原作を知らない、シリーズものでもないので先が読めない。
一緒に脱出することになった7人のうちだれが生き残れるのかさっぱりわからず。
世界がどうなっているということにするのかもわからず。
けっこうグロテスクな場面もあり、はらはらドキドキの110分でした。

まぁSFとしてはトンデモの部類に入りそうなオチなのですが…

〜〜

…家に帰ってきてからパンフレットをみてビックリ。

『○○(キャラクターの名)は××ですが』

と、本編のほとんど最後になってようやく明かされる謎の1つが、あっさりパンフレットに書いてあります。おいおい。
映画本編を見る前に読んでしまわないでよかった…。
posted by MAX CARTER at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。