2009年09月23日

遠野へ

3日目。
この日も朝早く宿を出発、6時過ぎの新幹線に乗車。
新幹線に乗ってさえ、盛岡から乗換駅である新花巻まで40分もかかります。
岩手って南北に長いんだな。

新花巻駅でかなり待って(接続が悪い)釜石線に乗車。
釜石線はディーゼル式、単線。
窓の外に見えるのは広大な水田だったり、ガスのかかった山だったり。
とにかく、すごい田舎を走っていきます。

駅に妙なカタカナの書かれたプレートがあるのに気付きました。
どうやら釜石線では、各駅に、通常の日本語の駅名の他にエスペラント名が付けられているようです。

たとえば、
【新花巻】 は 【ステラーロ (Stelaro=星座)】、
【宮守】 は 【ガラクシーア・カーヨ (Galaksia Kajo=銀河のプラットフォーム)】
…日本名を訳しているわけではないのですね。なんとなく宮沢賢治の【銀河鉄道の夜】あたりからとっていそうな感じがするのですが、駅のプレートには由来までは書かれていないので本当のところは判りません。

そして、8時少し前…
目的地である【遠野】、エスペラント名【フォルクローロ (Folkloro=民話)】に到着。
遠野には河童や座敷童などの民間伝承が多くあるので、この名前には納得。

駅前も河童だらけ。

遠野・駅前の河童2.jpg 遠野・駅前の河童.jpg

広場には細身の4匹の河童、

遠野・駅前ポストの上の河童.jpg

郵便ポストの上には体育座りをした丸っこい河童、

遠野・駅の屋根の上のカッパ.JPG

駅舎の屋根の上にも河童、

遠野・駅前のカッパの交番.JPG

駅前交番などは建物全体が河童の顔です。
しかもウィンクしてるし!

やってきたバスに乗って、遠野での最初の目的地【山口の水車】へむけて出発。
タグ:岩手県
posted by MAX CARTER at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。