2009年09月22日

上の橋の擬宝珠(ぎぼし)

啄木・賢治青春館の次は、川に沿って少し歩きます。

盛岡市内、中津川にかかる【上の橋】。

上の橋・全景.jpg

ちょっと古そうなだけで特に変わったところもない橋に見えますが…

上の橋・擬宝珠.jpg

ちょっと古そうな青銅製の擬宝珠が並んでいます。

上の橋・擬宝珠の文字.jpg

表面をよく見ると、なんと『慶長十四年』(1609年)と彫られています!

この橋には慶長14年のものが8個、慶長16年のものが10個使われています。
第2次世界大戦中の金属供出で取り外されかかったところを国の重要美術品に指定されて危うく難を逃れたというもの。
作られてから400年。風雨や戦災に耐え、ずっとここにあったとは…。

〜〜

【上の橋】
見学自由
タグ:岩手県
posted by MAX CARTER at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史的建築物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。