2010年05月12日

松戸市立博物館

今日は、ふと気が向いて松戸市立博物館の見学に行きました。
場所は武蔵野線の新八柱駅です。

縄文の森.jpg

展示室に入ってすぐの【縄文の森】。
コナラ・イヌシテ・アラカシ・クルミ・カヤなどの温帯・暖帯の広葉樹で構成された数千年前のこのあたりの姿。
石器のサンプルも。

縄文の村ジオラマ.jpg

縄文時代のムラの模型。
よくみると竪穴式住居の屋根を修理している様子、丸太をくりぬいて舟を造っている様子、木の実をすりつぶして調理している?様子など細かく作り込まれています。

古墳時代墓.jpg

古墳時代の墓。
【河原塚1号墳】で発見された木棺の原寸復元模型。
50歳を超えると思われる身長172cmの男性と、3歳くらいの幼児が埋葬されていたそうです。

江戸時代港.jpg

江戸時代の港の様子。

江戸時代御鹿狩.jpg

江戸時代に行われた【御鹿狩(おししがり)】の様子をあらわすビデオ+模型。
旗本など武士2万人、獲物を追い込む勢子10万人が参加した大規模なイベントだったそうです。

〜〜

と、ここまでは自治体運営の博物館によくある『地元の歴史』系博物館なのですが…



僕がわざわざ行くからにはちょっとヘンな展示があるんですねー。



ここの展示の目玉は…



『団地』



です。

江戸時代の展示の奧に、実物大の『団地』の1〜2階部分があります。

文章で書いても意味が判らないかもしれませんが(笑)

団地外観1.jpg

じゃーん(笑)

…この角度だとこれが展示室内だと信じない人がいるかな。

団地外観2.jpg

ではこれでどうだ!(笑)


この通り、公団の団地の建物がそのまま、展示室の中に作られています。

団地外観3.jpg

なぜかベランダから入って(笑)、玄関へ抜ける見学コース。

団地ダイニングキッチン.jpg

2DKの室内に、昭和30年代の家電製品や家具も当時の家庭と同じように配置。

最初はダイニングキッチン。1ドア式の冷蔵庫、ガスコンロ、
棚に所狭しと並べられた食器や鍋類…。

団地内部居間.jpg

居間。白黒テレビ、ラジオ、巨大なステレオセット、黒電話。
テレビでは当時のCM?を流しています。
ソファなんか置いたら狭いのに…。

団地内部寝室.jpg

寝室なのかな。ベビーベッド、ストーブ、掃除機…。

うわー。
僕が小さな子どもの頃の家の中ってこんな感じだったよ!
まぁ僕が住んでいた団地は3DKだったのでもう1部屋あるのですが、たしかに狭かったな…。
それに僕が憶えている電気製品はもう少し新しい型なんですが。
あ、でも『カラーテレビが初めて家に来た日』は憶えているな。それまでは小さな白黒テレビしかなかったんだ…。

団地浴室.jpg

浴室。
僕が子供の頃の家は樹脂製の湯船になっていましたが、広さはこんなものだったかな。

団地玄関.jpg

玄関。上の階もドアまではちゃんと作ってあるようでした。

団地階段下.jpg

玄関を出た後も、公団団地仕様の階段をおりると郵便受けがあって、玄関外にはダストシュートのゴミ溜めがあって、古いバイクが止めてあって、ついでに『団地内の案内板』まであって。
ああ、こういうすき間みたいなスペースで遊んでいたんだよな。
むやみに再現率が高いです。ひょっとして担当者も団地育ちかな。

懐かしくてこの『団地』にずいぶん長居してしまいました。

〜〜

ここから先はランダムに展示テーマが変わっていくような感じですが…。

虚無僧.jpg

なぜか『虚無僧』に関する展示室。
尺八についても解説。

炭素年代測定法.jpg

『炭素年代測定法』など、遺跡の調査に使われる様々な技術に関する解説展示。

三匹獅子舞.jpg

『三匹獅子舞』についての展示。
獅子の展示と、動画の上映があります。

〜〜

館外にも展示が。

縄文竪穴式住居群.jpg

竪穴式住居群。
このうち1つは中に入ってみることも出来ます。

〜〜

というわけで…
団地に郷愁をおぼえる人、
昭和30〜40年代に子供時代を過ごした人にオススメです。

〜〜

【松戸市立博物館】
http://www.city.matsudo.chiba.jp/m_muse.html
千葉県松戸市千駄堀 671
開館時間:9:30〜17:00(最終入館16:30)
休館日:月曜(月曜が祝日の場合は翌日に振り替え)、毎月第4金曜、年末年始
入場料:一般300円、高校生・大学生150円、小中学生100円(土曜は小中学生無料)
交通:新京成線八柱駅またはJR武蔵野線新八柱駅から徒歩約15分
見学所要時間:1時間半〜(僕は2時間半いましたが・苦笑)

posted by MAX CARTER at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。