2010年04月11日

花見2010

新宿御苑へお花見に行きました。
東京の桜の名所の1つということでチケット売り場には行列ができていますが、中へ入ってしまえば案外のんびりと散策できます。

新宿御苑ではいろいろな種類の桜を楽しむことができます。

桜園地.jpg

桜園地は苑内でもとくに桜が密集しています。
ここではソメイヨシノ(染井吉野)、カンザン(関山)など数種類を見ることができます。

染井吉野.jpg

ソメイヨシノの一本。
桜ときくとこれをイメージする人が多いでしょう。

大島桜と一葉.jpg

中央の白っぽいのがオオシマザクラ(大島桜)、その隣はイチヨウ(一葉)です。
オオシマザクラは早い時期から咲いていてそろそろ終わりかもしれません。イチヨウは四月中旬頃までが盛りだそうです。

池に映る桜.jpg

日本庭園にはいくつかの池があります。
池に映る桜や、周囲の緑との対比も楽しめます。

白雪.jpg

白くて大振りな花をつけているのはシラユキ(白雪)。
いまが丁度満開です。

旧御涼亭.jpg

苑内の旧御涼亭。
昭和天皇の御成婚を記念して台湾の人々から寄贈された建物。
中国風の様式の面白い建物です。

新宿御苑の公式サイトには『経年による老化が著しいため、現在は建物の中に立ち入ることはできません』と書かれていますが、
既に耐震補強工事が行われ、中に入ることができるようになっています。

旧御涼亭からの眺め.jpg

旧御涼亭からの眺め。
池をはさんで向かい合うなだらかな斜面には寝そべっている人やシートを敷いてお弁当を食べている人もいます。

弁殿.jpg

枝に勢いのあるベンドノ(弁殿)。
所々に見える赤色の濃い部分は若葉のようです。

山桜.jpg

賑わっているあたりをはなれ、千駄ヶ谷門近くの外周路を歩くと、ヤマザクラ(山桜)の並木が見られます。
自然観察林からこのあたりまではほとんど人がいません。
みなさん芝生のある場所へ集中してしまうんですね…。

八重紅枝垂.jpg

茶室の前にあるヤエベニシダレ(八重紅枝垂)。
しだれ桜独特の枝の形と、他の種類より濃いピンク色が印象的。

〜〜

新宿御苑は一周4km弱。
普通の足の速さで最外周路をぐるっと一回りするだけで1時間近くかかります。

というわけで、さすがにちょっと疲れたので苑内のレストラン【ゆりのき】で一休み。

和菓子セット.jpg

和菓子セット500円(お茶付き)。

〜〜

ソメイヨシノを基準にするとそろそろ桜の盛りは終わりですが、いくつかの種類はこれから満開を迎えるため、もうしばらくは花を楽しむことができるそうです。

〜〜

【新宿御苑】
http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/
開園時間:9:00-16:30(16:00で入場は締切)
入園料:大人200円、小中学生50円、幼児無料
休園日:毎週月曜(4/24までは月曜も開園)

※現在、温室は立て替え工事中のため見学できません。
※2011年に新温室が開館予定

休憩所などでお弁当を食べることはできますが、
酒類の持ち込み
指定場所以外での喫煙
火気の扱い
などは禁止ですのでご注意を。
posted by MAX CARTER at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 庭園・公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。