2009年09月22日

岩手県公会堂/旧盛岡銀行

【石割桜】から散策しつつ見学(外観のみ)。

【岩手県公会堂】
岩手県公会堂.jpg

昭和2年開館。
建築当初は岩手県議会議事堂として使われていましたが、現在は大ホールや会議室などをもつ公共施設になっています。

なんだか大学の建物っぽいな…と思ってしまったのですが、
それもそのはず。早稲田大学の大熊記念講堂と同じ人の設計による建物なんだそうです。

地下にあるフランス料理レストラン【公会堂多賀】は開館当時からずっと営業を続けていて、新渡戸稲造氏も常連だったとか。
いまでも新渡戸稲造氏が食べていたものと同じコースが食べられるそうです。次に行く機会があったら試してみようかな…。


【旧盛岡銀行本店本館】

旧盛岡銀行.jpg

明治44年に建てられた煉瓦造りの洋風建築。
赤煉瓦を主体とした壁の中に白い花崗岩のラインが入ったデザイン。ぱっと見て東京駅を連想したのですが…やはり設計者が同じでした。


【ガス灯】

盛岡市街ガス灯.jpg

盛岡城の近くにあるガス灯。
南部藩士がコークス製造の副産物として発生するガスを利用して照明としたのが日本でガスが利用された最初の例なんだそうです。


というわけで、散策中にみた歴史的建築物でした…。
posted by MAX CARTER at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史的建築物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。