2009年09月21日

イギリス海岸復活の試み

行きの新幹線の中でネットニュースを見ていて、
『イギリス海岸を復活させるイベント』がまさに今日行われることを知りました。

イギリス海岸とは北上川と瀬川の合流点付近の、白っぽい泥岩が露出している部分のこと。『イギリスの白亜の海岸に似ている』として宮沢賢治が【イギリス海岸】と名付けた物なのですが…
最近は浸食と北上川の増水によりほとんど見ることができなくなってしまっています。

そこで、宮沢賢治の命日にあわせ、上流のダムの放水量をぎりぎりまで減らすことで1日だけかつてのイギリス海岸の姿を復活させようという計画が立てられたのです。

今回の旅行はそのことはまったく知らずに決めたのですが、ニュースを聞いてしまったからには見に行かずにはいられませんw

というわけで、特急券は盛岡までだったのですが新花巻で途中下車。

去年も同じ試みがあり、残念ながら失敗に終わったということですが、さて今年は…。

〜〜

新花巻駅からイギリス海岸近くへ到着。
見物人が集まっています。地元のテレビ局も取材に来ています。
が…大がかりな試みの割には少ないような…

イギリス海岸・瀬川.jpg

こちらは北上川に合流する直前の【瀬川】。

イギリス海岸・合流点.jpg

瀬川と北上川が合流する地点。

そして肝心なイギリス海岸ですが…

イギリス海岸・北上川1.jpg

合流点から数十m下流。
この付近にイギリス海岸の名の由来となった白い泥岩が現れる筈なんですが…

イギリス海岸・北上川2.jpg

別の角度から。

『あともう少し水が減れば、あのあたりが露出するのかな…』

というのが判るところまでにはなったのですが、
とうとう『海岸』といえるほどの露出にはならず。
ダム管理者である国交省まで協力した試みは、残念ながら今年も失敗に終わってしまったようです。

まぁ、今回のプランを知らなくても4日間のうちのどこかでイギリス海岸は見に行くつもりだったので、これはこれでよかったことにするかな…。やっぱりちょっと残念ですが…。

〜〜

花巻駅まで歩き、次は猊鼻渓に向かいます。
…それにしても、電車が恐ろしく少ない!!一番簡単に乗れるのが新幹線とは…。
タグ:岩手県
posted by MAX CARTER at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 景勝地
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。