2009年08月05日

東北を離れて…

バスで八戸駅へ戻り、土産物と弁当を購入。

18時ちょうど、新幹線【はやて】で八戸発。

青森なんて、行く前ははるか彼方と思っていたのに…。
3時間半で東京に着いてしまうんですね…。案外近い…。

小唄寿司外観.jpg

今回の駅弁は【小唄寿司】。
サバの酢締めと紅サケの押し寿司のセットで全国駅弁コンクール1位に輝いた人気商品。
今回はそれに蒸しウニを挟んだおぼろ昆布巻を加えた、『小唄寿司誕生50周年記念バージョン』。
記念バージョンは1600円と弁当としてはちょっと高めだったのですがせっかくなのでこちらを。

三味線のバチを象ったへらで食べます。
うーん、新幹線の中で食べる駅弁が寿司というのもなかなか新鮮ですな…。

〜〜

というわけで今回の東北旅行記はこれでおしまい。
結局太平洋側の岩手と宮城は新幹線で通り抜けただけ、なのが残念…。

〜〜

おまけ〜お土産。

青森ねぶた酔.jpg

職場用のお土産、青森ねぶた【酔】。
ねぶたの顔を模したクッキーでした。

八戸鶴子まんじゅう.jpg

自分用のお土産(笑)
八戸の名物?【鶴子まんじゅう】。
中を見ないで適当に買って来たのですが、袋を開けてビックリ!!
こんな揚げる前のコロッケのような物が出てきました。

どうやって食べるんだ一体?!
加熱しなきゃいけないのか?!

…と一瞬迷ってしまいそうですが、そのまま囓るものでした。

基本的には饅頭の一種です。
餡は甘さ控えめ、
生地は黒糖入りでややきめが粗く弾力のある物。
表面のパン粉のようなものは落雁の粉だそうです。

面白い食感でした。

ゆりたんのリンゴケーキ.jpg

職場用ウケ狙い。
ゆりたんの美味しすぎるリンゴケーキ。
パッケージ裏側によると、特技がバレエと書道、趣味が釣りとカメラと登山だそうですよ…
posted by MAX CARTER at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。