2009年08月04日

弘前のミニチュア洋館

弘前には昔から洋館が多く、先の記事で紹介した旧弘前市立図書館や東奥義塾外人教師館はその代表格です。
しかしこれらのように保存されている建物ばかりではなく、歴史の中で失われてしまった建物も当然数多くあります。

というわけで、旧弘前市立図書館の裏手に、過去に存在した弘前市内の建築物のミニチュア模型が展示されています。

ミニチュアかくは宮川デパート.jpg

【かくは宮川デパート】
東北初の本格デパートとして開店。
完成当時は4階建ての洋館で、エレベータが珍しく人気を集めたそうです。
昭和53年に閉店。

ミニチュア旧弘前市役所.jpg

【旧弘前市役所】
一見西洋建築ですが、よく見ると屋根が入母家、外壁は下見板貼りと伝統的な日本木造家屋の建築技法を用いている和洋折衷な建物。

ミニチュア旧弘前市役所ベランダの人物.jpg

市役所のバルコニーでオペラを歌っている人がいましたw
市長さん?

ミニチュア旧弘前市立図書館.jpg

これは失われた建物ではなく、先ほど本物の中を見た【旧弘前市立図書館】。
本物がある場合でも、全体を俯瞰できるという模型独自の価値があります。

ミニチュア旧青森銀行.jpg

【旧青森銀行記念館】
青森県初の銀行、旧第五十九銀行本店本館として建築。
これも防火のため土蔵造りを取り入れるなどした和洋折衷建築だそうです。
いまでも建物が現存しており、八戸駅へ戻る途中に実物を見ることができました。

ミニチュア弘前昇天教会聖堂.jpg

【弘前昇天教会聖堂】
イギリス国教会の伝統を受け継ぐプロテスタント系教会。
日本にあるとは思えない洒落たイギリス積み煉瓦造りゴシック建築。今回は観に行けませんでしたが、いまでも建物が現存しているそうです。

ミニチュア日本基督教団弘前教会堂.jpg

【日本基督教団弘前教会堂】
ノートルダム大聖堂をモデルにした、東北で初めてのプロテスタント系教会。フランスゴシック風双塔形式の建築。

他にもいろいろな建物のミニチュアが展示されています。

〜〜

これも追手門広場です。
たぶん見学自由。
タグ:青森県
posted by MAX CARTER at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。