2009年08月04日

弘前の洋館

弘前城からすぐの場所に、洋館が保存されています。

旧弘前市立図書館.jpg

【旧弘前市立図書館】
明治39年から昭和5年まで図書館として使われていた建物で、
正面に八角形の塔が2つある洒落た洋館です。

その後、民間に払い下げられたり市が再取得したりといろいろあった後、
現在は市立郷土文学館の施設として一般公開されています。

では中へ。

旧弘前市立図書館婦人閲覧室.jpg

1階、【婦人閲覧室】
小中学校の机のような閲覧席がたった6席。

旧弘前市立図書館館長室.jpg

【館長室】
これも意外に狭いんですよね…

旧弘前市立図書館図書室.jpg

【図書室】
カウンター状になっているのは司書の席でしょうか。

旧弘前市立図書館図書室2.jpg

同じく図書室。
入口にあった各階の平面図では【書庫】が見あたらなかったのですが、ここにあるだけで蔵書全部なんでしょうか?僕の家のほうが本が多い気が。

〜〜

2階へ上がります。

旧弘前市立図書館閲覧室.jpg

ここは【閲覧室】ですが、現在は関連資料の展示場になっています。
壁には【弘前ねぶた】のポスターが貼ってあったり…。

旧弘前市立図書館評議室.jpg

【評議室】。
八角形の部屋です。
現在は窓際に机と椅子が1つあるだけです。

〜〜

続いて、旧弘前図書館の隣にある【東奥義塾外人教師館】へ。
東奥義塾(現在の東奥義塾高校)に招かれていた外国人英語教師の宿舎として建設された建物で、現在は歴史的建築物として保存・一般公開されています。
1階がレストラン、2階が当時の様子を復元した展示室となっています。

東奥義塾外人教師館.jpg

外観。
屋根が赤、壁がベージュ、柱が濃いグリーンとカラフルな建物です。

東奥義塾外人教師館子供部屋.jpg

2階の【子供部屋】。
子供部屋と言いながらかなりの広さで、この中に僕の家がすっぽり入ってしまいそうな…

子供部屋とは独立して木馬室があったり。

東奥義塾外人教師館主寝室.jpg

【主寝室】
寝室と言いながら、4人がけのテーブルセットがあったり…。

東奥義塾外人教師館書斎.jpg

【書斎】
ここにも、仕事用のデスクの他にテーブルセット。
僕の家の何倍の床面積があるんだ…。

東奥義塾外人教師館ベランダ.jpg

すごいのはこれ。
図面上は【ベランダ】となっていましたが、ちゃんと密閉された部屋になっています。
そして天井からはブランコが…。
なにここ?!ブランコのためだけの部屋?!

〜〜

【旧弘前市立図書館】
http://www.pref.aomori.lg.jp/culture/juho_kenzoubutu/15.html

【旧東奥義塾外人教師館】
http://www.pref.aomori.lg.jp/culture/juho_kenzoubutu/14.html

弘前市下白銀町2-1
(弘前城追手門広場)
休館日:年末年始
入館料:無料
タグ:青森県
posted by MAX CARTER at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史的建築物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。