2009年08月04日

東能代駅でもびっくり!

朝のうちに能代から弘前まで移動です。
まず五能線で能代→東能代へ移動。
東能代で奥羽本線青森方面への乗り換えで20分待ち。

その間、待合室の中で座っていようかと。

東能代駅待合室外観.jpg

待合室が電車を模した形になっている、というのは、まぁよくあることなのですが。

東能代駅待合室内部.jpg

中へ入ってみると地元の特産品のショーケースがあってちょっとびっくり。
しかも誰もいないのにテレビがついていて…。

うちの近所でも最近駅ホームに待合室が整備されましたが、空調はあってもさすがにテレビやショーケースはありません。
まぁ日中は10分に1本程度電車がくる路線なので暇つぶし道具は不要ですが…。


いや、そんなことより、この待合室にはもっとおかしな物がありました。

それは、なんと…


東能代駅待合室運転席.jpg

運転席!!


外観が電車のような塗装というだけではなく、ちゃんと運転席まで作るとは。
しかもかなり本格的…というか、中古の車両から外して持ってきた本物なのかもしれません。


よく見ると、さらにさらに驚いたことに。

東能代駅運転席2.jpg

…電源が入ってるんですけど…。


計器パネルの左端にランプがついているのですが、写真だと判りにくいかな?
ブレーキレバーの向こうの赤ランプ、スピードメータの上のインジケータも点灯しています。

そして…

『ホーン』と書かれたボタンを押すと、ちゃんと警笛の音が響き渡ります…。



誰もいないのをいいことに、しばらく遊んでしまいましたw

〜〜

10:50、弘前到着。
タグ:秋田県
posted by MAX CARTER at 08:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 町の風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。