2009年08月03日

秋田【竿燈祭り】

竿燈祭り観覧席への入場開始。
僕の席は…

竿燈観覧席より.jpg

雛壇の最上段でした。

かなりの高さ。一段分の高さも大きいので、前の人に遮られることなく広い範囲を見渡せます。

写真の上の方、道路の方へ向かって竿が突き出しています。
この竿には横方向にワイヤーが張られ、演技中に竿燈が倒れかかっても観覧席の観客を直撃しないようになっています。ねぶり流し館のホールと同じ工夫です。

竿燈祭り入場パレード.jpg

祭り囃子にのって、いよいよ竿燈の入場開始。

全部の組が配置についたところで、秋田市長の挨拶。
最後に『では英語でも…』と言い、

れいでぃーす・あんど・じぇんとるまん!うぇるかむ・とぅ・かんとー・ふぇすてぃばる!
あいむ・めいやー・おぶ・あきた・してぃ!…etc.

あまりに判りやすい英語に(?)、ギャラリーが大ウケ。
これだけで万雷の拍手。

そして日も落ち、あたりがくらくなり、
ホイッスルの音を合図に演技開始!

竿燈入場3.jpg

それまで地面に横たえられていた竿燈が、

竿燈演技開始.jpg

いっせいに立てられていきます。

『どっこいしょー!どっこいしょー!』

の掛け声と供に揺れる竿燈。

竿燈演技1.jpg

竿燈演技3.JPG

竿燈の竿を手から額、肩へと移してポーズ!

竿燈演技2.jpg

竿灯大通に揺れるちょうちんの稲穂。
幻想的で美しく、勇壮で、、、

竿燈演技4.JPG

ときには寄り添い、ときには競い合い…。

竿燈祭りトラック演奏中.jpg

囃子太鼓はトラック全体が揺れるほどに激しく打ち鳴らしています。

竿燈事故1.JPG

バランスを崩して倒れてしまうこともあります。
これは観客席の上のワイヤーに引っかかった竿燈。

竿燈事故2.JPG

地面に倒してしまい、灯が消えてしまった提灯に慌ただしく再点火。

〜〜

途中2回、合図と供に演技の場所替えがありました。
組によってかなり技術の優劣がありますね…。

〜〜

動画でもどうぞ。



〜〜

あっというまの2時間でした。
演技終了後は観客が竿燈に触ったり写真を撮ったりできる『ふれあいの時間』。
僕も竿燈を持って記念撮影させてもらいました。

竿燈祭りの後.jpg

あっという間に観覧席はからっぽ。
電車の時間があるからなぁ…。

僕が乗るつもりだった電車までには若干余裕があったので、
駅まで向かう途中、出店でみそたんぽを食べたり、記念品を買ったり。

〜〜

予定通り東能代方面の電車に乗車。
意外に乗客は少なく、余裕で座ることができました。
…あれだけいた観光客が、みんな秋田市内に宿泊??

〜〜

【竿燈祭り】
http://www.kantou.gr.jp/index.htm
開場:秋田県秋田市、竿燈大通り
開催日時:8/3-8/6(毎年、曜日に関係なくこの日付)
指定観覧席:S席2500円、A席2000円

個人予約は6月頃から受付開始。ネットでも申し込めます。
パンフレット(300円)やうちわ(100円)などのグッズも同時に申し込みます。当日会場では買えません。

※価格は2009年のもの。2010年以降変更される可能性もあります。
※ちなみに僕が座った道路中央雛壇はS席です。A席は道路中央以外の雛壇、または長椅子になります。
※演技が始まってしまうと観覧席(特に中央の席)から移動するのは困難です。飲食物の準備やトイレは事前にしっかりと。
posted by MAX CARTER at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。