2009年11月20日

横浜三塔物語

横浜の3つの塔、

【キングの塔】こと神奈川県庁本庁舎、
【クイーンの塔】こと横浜税関庁舎、
【ジャックの塔】こと横浜開港記念会館。

すでにそれぞれの建物の内部も含めて見学してきました。

これら3塔を1度に見ることができるスポットをすべて回ると願いが叶うという伝説があり【横浜三塔物語】と呼ばれているそうです。

〜〜

…って、各塔の見学レポートをご覧いただければ判る通り、3塔がすべて出そろったのは昭和に入ってから。せいぜい数十年で『伝説』もないものだ、と思いますが…

この話の元になっているウワサは2つあるそうで。

横浜から海外航路へ出航していく船の船員が、
三塔を見ながら航海の無事を願った


3塔が震災や戦火をくぐり抜けてきたことから、
カップルが『困難を乗り越えていけるように』と願掛けするようになった


というもの。

…えーと。
ジャックの塔は震災で半壊したし、キングの塔とクイーンの塔は震災後に建てられたんですが…。

〜〜

ま、まぁそれはともかく。

この3塔は近い位置に建っているのですが、3塔を同時に見るのは案外難しく、地上から同時に見ることができるのはたった3箇所しかないそうです。

自分でその3箇所を探したい人のため、ネタバレ防止改行。
↓↓








































では1箇所目。
キングの塔こと神奈川県庁本庁舎の真向かい、県庁分庁舎の玄関前。
この位置からなら、神奈川県庁庁舎の建物の両側にジャック・クイーンの塔が見えるはず、なのですが。

三塔物語・県庁前.jpg

木が邪魔で真正面のキングの塔さえ見えません(笑)

しかし、この写真を拡大してよく見ると、
右端にクイーンの塔(白トビしてますが)
県庁の左側、木の葉の陰にジャックの塔の先端部分
が写っています。

冬になって葉がすべて落ちれば見えるはず。

では次。

〜〜

2箇所目。
大桟橋、通称【クジラの背】の上から。
左からキング、ジャック、クイーンの3塔が並んでいるのが見えます。

三塔物語・大桟橋.jpg

海側からだと、かなり広い範囲でキングの塔とクイーンの塔を同時に見ることができるのですが、一番背が低く海から遠い位置にあるジャックの塔がほかの建物の陰になってなかなか見えません。

三塔物語・大桟橋マーキング.jpg

クジラの背の上でももっとも3塔をきれいに見える場所には、このようにマーキングがされています。
上の写真を撮ったのもこの位置。

三塔物語・大桟橋説明イラスト.jpg

大桟橋ホール前には、このように3塔がどのように見えるかを示したイラストも。

〜〜

3箇所目。
赤レンガ倉庫裏から。

赤レンガ倉庫付近から3塔が同時に見える、というウワサは聞いたのですが、なかなかジャックの塔が見えません。
地図で角度を確認すると、もっと大桟橋寄りでないと見えないような…

というわけで、1号館裏手からさらに岸壁に沿って進んでいくと…

三塔物語・赤レンガ倉庫裏より1.jpg

見えた…
のですが、写真だと逆光でよくわかりませんね…

三塔物語・赤レンガ倉庫裏より2.jpg

ちょっと補正しました。
大桟橋からのものとほぼ同じ構図なので、いまいち面白くないですが…。

三塔物語・赤レンガ倉庫裏マーク.jpg

丁度見えた位置の足下に、やはり目印となるプレートがありました。

〜〜

さてこれで願いが叶うかな…

って、見える場所を探すのに夢中で願掛けするのを忘れていましたorz

〜〜

海側の2箇所は3塔より東側になるため、午後になると逆光で見難くなります。撮影をする方は午前中〜昼頃までがオススメ。


関連記事:
神奈川県庁【キングの塔】
横浜税関【クイーンの塔】
横浜開港記念会館【ジャックの塔】
posted by MAX CARTER at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史的建築物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。