2009年08月03日

金子家住宅

続いて、【ねぶり流し館】に隣接する【旧金子家住宅】へ。

金子家住宅.jpg

この写真は外に出た後で撮影していますが、【ねぶり流し館】との間に連絡通路があり、移動のために外へ出る必要はありません。

〜〜

僕が入館したときは、ちょうど東北漫才の実演をやっていました。

金子家住宅内漫才.jpg

『漫才』といっても、TVでよく見るような

関西発、大抵は2人組で、一方がボケて一方が突っ込む…

というものとはまったく違って…

うーん、説明しにくいな…

染之助・染太郎がわらわらと5,6人出てきていろいろやってる

とでも言えば雰囲気は伝わるかな(伝わらない気がする…)


ですが、鑑賞していて最大の問題が…


台詞が東北弁のため、言葉がほとんど聞き取れない!!


ちゃんと聞き取れれば楽しいんだろうけどなぁ…orz

〜〜

金子家住宅内店頭.jpg

旧金子家は、江戸時代の質屋・古着商にはじまり、明治時代には呉服卸商を創業。
昭和57年までこの場所で営業していたそうです。
江戸時代後期の伝統的な建物として重文指定。

この写真は店舗の様子。
ガラスケースの中には昔の帳簿などが展示されています。

表側からは判りにくいのですが、主屋の奧(というか、中?)に土蔵も保存されており、現在は展示会や演奏会などに利用されています。
僕が行ったときはイラストの展示会でした。

〜〜

【旧金子家住宅】
http://www.city.akita.akita.jp/city/ed/ak/fm/kaneko/kaneko.htm
見学所要時間:30分
開館時間などはねぶり流し館と共通です。
posted by MAX CARTER at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史的建築物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。