2009年08月03日

ねぶり流し館で竿燈に触ってみる

【秋田市民俗芸能伝承館】、通称【ねぶり流し館】は、その名の通り秋田の民俗芸能についての展示・解説・実演を学べる施設。竿燈祭り見物前の予習には最適です。

久保田城の次は、この【ねぶり流し館】へ行きました。

ねぶり流し館外観.jpg

建物外観。
右の方に竿燈が飾られているのが判るでしょうか?

この【ねぶり流し館】と、隣接する【金子家住宅】は1枚の入場券で見学できるのですが、さらに少し離れたところにある【赤レンガ館】も見学できる共通券があるというのでそちらを購入。250円。

ねぶり流し館1階.jpg

1〜3階まで吹き抜けのホール。
右手に並んでいるのは、各組(町会など)のマークの描かれた提灯。

左手には竿燈が並んでいて、実際に持ってみることもできます。

奧で太鼓を叩いている3人の女の子たちは、本当に囃子太鼓の叩き手だそうです。
まだ小学校6年生と言っていましたが、確かにやたら上手い!

ねぶり流し館1階2.jpg

竿燈を持ち上げている人形。実物大。

ねぶり流し館1階3.jpg

中央の男性はねぶり流し館の職員なのかな?
解説をしながら、ネクタイ姿のままやたらと上手く竿燈を操っています。

この写真を撮ったあと、僕も竿燈を持たせて貰いました。
一番小さいもの…本来は小学生までの子供用…に挑戦。
重さ6kg。
持ち上げるだけならともかく、数mの棹状だとバランスを取るのが非常に難しく、手のひらの上でほんの数秒立るのが精一杯。

肩の上に乗せる?額で支えてみろ?…ゼッタイムリ!

大人用の一番大きいものは50kg、高さ12mにもなるなんて…。
そうなると持ち上げるだけでもかなり大変なのに…。

〜〜

竿燈が倒れそうになった時、竿が引っかかるような高さにワイヤーが張られているので、倒れた竿燈が他のお客さんの頭を直撃!ということはありません。
見学に行ったら、ぜひ実際に持ってみることをオススメしますw

〜〜

ねぶり流し館2階秋田漫才像.jpg

吹き抜け部分が建物の面積の大半を占めているので2〜3階の展示スペースはごくつつましいものですw
秋田の伝統芸能の衣装や小道具などを展示。
写真は東北漫才、だったかな?

〜〜

というわけで、竿燈祭り見物前の予習完了w

〜〜

【秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館)】
http://www.city.akita.akita.jp/city/ed/ak/fm/fmtop.htm
秋田市大町一丁目3番30号
観覧時間:9:30〜16:30
休館日::年末年始、展示替期間
観覧料:200円(中学生以下無料)
見学所要時間:30分


posted by MAX CARTER at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。