2009年08月02日

山寺3

仁王門を過ぎてもまだ急な階段が続き、
ようやく休憩所・売店があったと思ったらやたら高いポカリ缶しか売っていなくて(笑)

…僕は自前で水筒を持っているので笑っていられます

山寺階段02仁王門の先.jpg

その後は山内支院がいくつか並んでいます。
江戸時代には12を数えた支院ですが、いま残っているのは4つ。

山寺11山内支院・性相院.jpg

【性相(しょうそう)院】
阿弥陀如来を本尊とする院。

…普通の民家のように見えてしまいますが。

山寺階段03性相院の先.jpg

階段の上に見えているのが【金乗(こんじょう)院】。
延命地蔵菩薩を本尊とする院。

山寺11山内支院・中性院.jpg

【中性(ちゅうじょう)院】
阿弥陀如来を本尊とする院。

おみくじがこんなに出しゃばっているお寺も珍しいような。

もう一つ、華蔵院があるのですが、これはコースからちょっと外れたところにあります。

〜〜

山寺12奥の院.jpg

そして登りはじめて20分。
とうとうたどり着きました、参道のつきあたり、【奥の院】。

とにかくお参り。

でも、旅行会社のチラシに載ってる写真とぜんぜん景色が違うよ??
…実はまだまだ見ていない場所があるのでした。


奥の院から一度少し下り、ここまでの登りに比べるとごくゆるい上り下りしかない道を歩くと…。

山寺三重小塔.jpg

三重小塔。
この奇妙な形の岩の中にあります。

山寺11山内支院・華蔵院.jpg

【華蔵(けぞう)院】
これも山内支院の1つ。
観世音菩薩が本尊。

…これもちょっと古めの民家のように見えてしまいます…。

山寺大正天皇行啓行在所.jpg

【大正天皇東宮時山寺行啓行在所】
明治41年、当時は東宮であった大正天皇が山寺に行啓されたときのご休憩所を、当時のまま保存。

山寺奥の院より開山堂へ向かう道.jpg

そしてこのような片側が柵もなく崖になっている道を進んでいくと…

山寺13修行の岩場.jpg

【修行の岩場】
向かい側の岩崖に建物や穴?などがあるのが見えます。
これは修行のための岩場で、観光客の立入は禁止。

…って、登れるんですか、あれ?

危険な岩場を通ってお釈迦様の御許にいたる行場、ということですが、
かつては岩場から転落死した修行者も多かったとか。
(でも無事に修行を終えられないのは欲望を捨てられなかったからだ、などと言われてしまうんですよね…)

そして…

山寺14開山堂2アップ用.jpg

あったー!
【山寺】といって雑誌やポスターに紹介される風景!

左側の赤い小さな建物は【納経堂】、
右にあるのが【開山堂】です。

ホントにあんな崖っぷちに…。

そしてさらに開山堂の脇から細い道を上っていきます。

山寺階段04五大堂下.jpg

こんな岩の階段を上ると…

山寺14五大堂.jpg

崖の上に、空中に突き出すように立っている【五大堂】。
天下太平を祈る道場、ということですが、完全に観光客向けの展望台…。

山寺14五大堂内部.jpg

案外広々としています。

壁に無数の落書きがあったのが残念。
そんなことをして何が嬉しいんだか。

山寺五大堂より見下ろす.jpg

五大堂から見る麓の景色。
ほぼ正面方向、はるか下に山寺駅が見えます。

よくここまで登ってきたよなぁ…。

山寺この先修行場.jpg

五大堂からさらに奥へ進む道もあるのですが、
修行の場と言うことで観光客は立入禁止になっていました。

〜〜

気がつくと日が傾いてきました。
山の中にいるうちに暗くなったら危険そうです。
転ばない程度に急いで下山。

山寺地図.jpg

今回見学したコースはこんな感じ。
これから行く方は参考にどうぞ。

僕の足で山門から奥の院まで(ときどき休みながら登って)20分、
そこからは(かなりのんびりで)五大堂まで20分、
下りは開山堂付近から山門まで(多少急いで)15分ほどかかりました。
僕は歩くのがかなり速いので、普通の人はもう少しかかると思います。

〜〜

山寺駅ではほとんど待たずに山形行きの電車に乗車。
山形駅までもどり、『玉こんにゃく』と『どんどん焼き』のリーズナブルな食事をしてから宿へチェックイン。2日目終了。

〜〜

【山寺】
http://www4.dewa.or.jp/yamadera/index.htm
山形県山形市大字山寺4456-1
入山料:300円
見学所要時間:1時間〜
タグ:山形県 山寺
posted by MAX CARTER at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社・教会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。