2009年08月02日

山寺2

というわけで登り始め。

山寺階段01登山口よりすぐ.jpg

さすがにこのあたりでは余裕があります。


最初は段数を数えてやろうと思っていたのですが、
このあと200段ほどまで数えたところで諦めましたw

山寺06姥堂.jpg

登り初めて2,3分で最初のチェックポイントw
【姥堂】…ここが地獄と極楽の境目。

姥堂の中には奪衣婆の像があり、本来はここで新しい着物に着替えてから上って行くということだそうです。

山寺四寸道.jpg

【四寸道】。
大きく岩がせり出し、道が細くなっています。
さすがに4寸=12cmは大げさですが。

山寺07修行者の参道.jpg

【修行者の参道】
あたりの岩の壁にも文字(お経?)だの仏像らしきものだのいろいろ彫られています。

山寺後生車.jpg

これらの車のついた木の棒は【五生車】といい、若くしてなくなった人の供養のためのもので、念仏を唱えながら車を回すとその仏が早く人間に生まれてくることができるといわれているそうです。

山寺磨崖仏.jpg

こんな風に壁に仏像が彫られていたり。

山寺08蝉塚.jpg

【蝉塚】
『閑かさや岩にしみ入る蝉の声』の句をしたためた短冊を埋めて石の塚を立てたのだそうです。 この写真を撮っているあたりは休憩所になっています。

ここで芭蕉の唄った閑かさを僕も味わおうと思ったのですが…


『 山 寺 の み な さ ん 、 ワ タ ク シ は ○ ○ 党 の ○ ○ 〜 』


衆議院が解散されてもうすぐ選挙があるということで (※これは8/2の話です)、
この手の演説も仕方ないのでしょうが…

なんとも無粋。
山の上にまで聞こえるガナリ声。
とても『閑かさ』などと形容できるものではなく、なんとも残念です。

山寺09弥陀洞.jpg

もう少し登って、【弥陀洞】。
岩が風雨により浸食され阿弥陀如来の形になったもの…ということです。

たぶん、写真中央の出っ張った部分のことだと思いますが…
これが阿弥陀如来に見えた人が幸せになれるとか…

山寺10仁王門.jpg

弥陀堂をすぎると【仁王門】。
このあたりが中間地点になると思います。

そろそろ疲れて、頭の中が空っぽになりかけています(笑)
タグ:山形県 山寺
posted by MAX CARTER at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社・教会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。