2009年08月01日

(番外)ほんとの空、ほんとのカレー

二本松と言えば、

>智恵子は東京に空が無いという
>ほんとの空が見たいという
    〜(中略)〜
>阿多多羅山の山の上に
>毎日出ている青い空が
>智恵子のほんとの空だという
(高村光太郎【智恵子抄】〜【あどけない話】)

の智恵子の故郷なのですが。


いま二本松では

【安達太良高原グルメロード・安達太良カレー】

という企画が行われています。

#『二本松市推奨B級グルメ』だそうです。

で、これと冒頭の【智恵子抄】がどう関係するかというと…
この企画のコピーが、【あどけない話】に因んだと思われる

『ほんとの空 ほんとの味 こだわりカレー』

なのです。

歯のことがなければ二本松城に向かう前に駅近くでカレーを食べるところだったのですが、
惜しいことをしました…。

〜〜

で…。
『地元B級グルメでカレー』というと、横須賀の海軍カレーや門司の焼きカレーを思い出すのですが、それらと違って味や調理法には一切縛りがないようで、参加店一覧を見ると実にバラエティに富んでいます。

『子供からお年寄りまで喜ばれるオーソドックスな【隊士カレー】』
『ふっくら切り餅が入ったカレーそば』
『地元産長ネギの風味が際だつカレー南蛮うどん』
『ライスの量はお好み次第・ビーフカツカレー』
『生クリームカレーパスタ、カレーピッツァ』
『辛さは2倍・3倍・お好み次第、カレーラーメン』
『本場のスリランカカレー』

…下へ行くほど『地元』を放棄している気もしますが。

#『切り餅カレーそば』の店は霞ヶ城公園(二本松城)駐車場の目の前にありました。


最安のスリランカカレーが500円、最高のビーフカツカレーでも1000円とどれも値段は安いようなので、また二本松へ行く機会があったら試してみようかな…
posted by MAX CARTER at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。