2009年08月01日

二本松城〜その1

白河から東北本線で郡山へ、
さらに福島行きの電車に乗り換え。
車両不具合だなんだでやや遅れて昼過ぎに二本松到着。

二本松駅.jpg

二本松駅。
駅舎は二本松城を象っているのだそうです。
東北の駅百選選定。

白河城と違って二本松城は二本松駅からかなり離れているので、
駅前の地図をよくみて道順を頭にたたきこんでから出発。

〜〜

駅から3分ほど歩いたところでやや急で長い上り坂になりました。
あとで調べたところ、最高点まで標高差50mほどあるようです。

二本松城までの道.jpg

坂の途中、普通の民家(だと思うのですが)の塀にこんな掲示が。

応援ありがとう。
…でも多分、普通の人の足だと8分では着きません(笑)

〜〜

いったん登り切り、また下ってどうやら現着。
駐車場の隅のようなところにたどり着き、入口がどこだかよくわからないまま近くの階段を上って…どうやら門を通らずに三ノ丸に入ってしまったようです。

二本松城山田脩翁.jpg

なにやら銅像が。
説明書きによると、この銅像の人物【山田脩】は、製糸業を興し二本松の経済発展に功績のあった人物だそうです。

ここで城内の案内板を見つけて本丸へ至る道へ。

二本松城霞ヶ池と藤棚.jpg

城内、【霞ヶ池】前の藤棚。
有名な詩人・高村光太郎の妻、智恵子の生家から移植した物だそうです。

智恵子は二本松の出身なんですね。

二本松城霞ヶ池.jpg

【霞ヶ池】。
季節によっては蓮が咲くそうですが…

向こう岸の木々に隠れるように、二本松城の茶亭【洗心亭】が見えています。

ここからしばらく、庭園としての造形を楽しみながら。

二本松城七つ滝.jpg

まずは【七つ滝】。
これより高い位置にある【るり池】から【霞ヶ池】にむかう流れが、
幾段かの小さな滝を連ねています。

二本松城通せんぼ松.jpg

洗心亭のそば、道をふさぐように大きくせり出した大木。
アカマツかな。

二本松城笠松.jpg

さらに上って行くと、直径10m以上にもなる見事な枝の広がりを持った【傘松】。
樹齢推定300年のアカマツで、【八千代の松】とも呼ばれているそうです。
市指定天然記念物。

二本松城鶴松.jpg

こちらも独特の枝振りの【鶴松】。

〜〜

この山に【鶴松】【亀松】という名の2本の霊松があり、旅人の目印となっていたことから
この地を【二本松】と呼ぶようになった…という説があるそうです。

室町初期の話なので、今の【鶴松】のことではないはずですが。

二本松城洗心滝.jpg

【洗心の滝】。
このあたりで本丸までの半分ほど登ったことになります。


二本松城智恵子抄詩碑.jpg

また登って、智恵子抄の詩碑。

碑に使われている石は【牛石】と呼ばれています。
室町時代の畠山氏の二本松城築城の際に夫婦の牛を生け贄にしたところ、その霊は天に昇り身は石に変化した、という伝説があるそうです。

その言い伝えの通り、2つの石がぴったりと寄り添うように立っています。

二本松城智恵子抄詩碑拡大.jpg

石の表面には、

    あれが阿多多羅山
    あの光るのが阿武隈川

という、詩の一節を刻んだプレートがはめ込まれています。

〜〜

さらに登って、少年隊の丘。

二本松城少年隊レリーフ.jpg

少年隊の奮戦する様子を描いたレリーフが。

二本松城少年隊慰霊碑.jpg

二本松少年隊顕彰碑。

「この一体の平坦地は『少年隊の丘』と呼ばれ、
 戊辰戦争直前まで砲術道場で学ぶ少年達が稽古を行なった場所といわれています」
(現地の解説より)

〜〜

さらに登って…
だんだん階段も急になってきました。

二本松城搦手門.jpg

搦手門跡。
現在残っているのは石垣と門柱の礎石だけです。

二本松城本丸までの階段.jpg

搦手門のすぐそばから、いよいよ本丸へ…
…まだ登るのか…(苦笑)

二本松城本丸石垣.jpg

ようやく本丸石垣前までたどり着きました。立派な石垣です。
最初の駐車場の位置からだと標高差95m、駅からだと130mほど登ってきたことになります。

〜〜

長くなりすぎたので続きは別記事にします。
posted by MAX CARTER at 12:20 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。