2006年02月28日

平和記念資料館

原爆ドームから橋を渡ると平和記念公園。
その公園の一番奧には平和記念資料館があります。

平和記念資料館・外観.jpg

資料館1階には原爆投下前・投下後の広島市街のジオラマが並んでいます。たった一発で半径数kmの建物がほとんどなくなってしまったことがよくわかります。

平和記念資料館・火球のジオラマ.jpg

赤い玉が原爆の爆発直後の火球を表しています。

〜〜

2階の展示室には原爆によって破壊された建物の残骸や犠牲者の遺品などが展示されています。

平和記念資料館・服.jpg

その中でも最も強い印象を受けたのがこの服。
学徒動員で市内の疎開作業に携わっていた女学生(いまの中学生くらい)のもの。
写真では対比物がないので判りにくいですが、いまなら小学生低学年のような小ささです。
そんな歳で、働いて、原爆にあって全身に火傷を負い、さんざん苦い思いばかりして死んでいったなんて…ただただ打ちのめされました。

平和記念資料館・三輪車.jpg

ボロボロに錆びた三輪車と鉄兜。

平和記念資料館・階段に写った影.jpg

人間の影が写った石の階段。
これは教科書に掲載されていたこともあるのでご存知の方も多いかと思います。

平和記念資料館・字だけ燃えた紙.jpg

黒い部分の方が熱線を吸収しやすいため、字の書かれた部分だけ瞬間的に燃えてしまった紙。

平和記念資料館・曲がったレンガ.jpg

中央が【/\】になっていますが、これは元々水平だったものが爆風で左右から押されて変形してしまったのです。

破壊のすさまじさと犠牲者の悲惨さ。
普通の爆弾と違い、爆発の瞬間を生き延びてもそれで終わりではないのが原爆の恐ろしさ。
放射能により身体をむしばまれ長く苦しんだ末に命を落とした人も多数。

息苦しくなるほど圧倒され打ちのめされました。

〜〜

平和記念公園・噴水.jpg

平和記念資料館のすぐ近くにある噴水。
ほっとできる場所に戻ってきた心地です。

平和記念公園・千羽鶴.jpg

平和記念公園内にある【千羽鶴】。
千羽鶴はケースの中に納められています。

平和記念公園・鐘.jpg

【平和の鐘】
平和記念公園の北端にあります。

相生橋.jpg

平和記念公園と広島市街地を結ぶ【相生橋】。
T字型になっているのが特徴。
そのため原爆投下のための目印にされました。
posted by MAX CARTER at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。