2006年02月27日

秋吉台

秋芳洞から出て数分歩くと、秋吉台展望台に到着。

展望台の上に立つと、目の前に広がるカルスト台地!

秋吉台・全景.jpg

このなんとも奇妙な風景。
何億年か前にはここは珊瑚礁で、いたるところに露出している石灰岩の中にはサンゴやウミユリの化石も見られるということです。

…と、眺めはよいのですが展望台の上は風が強くて寒い!!

秋吉台・下りてみた.jpg

展望台から下りてみました。
あたりを散策…するには寒すぎ…早くも限界…

秋吉台・カルスト展望台.jpg

展望台を振り返るとこんな感じ。

〜〜

すぐ近くに秋吉台科学博物館と書かれた建物があるので行ってみました。
(一番上の写真の右の方に写っている白い建物です)
覗いてみると展示室の中は無人。
でもまぁいいや、と入った途端に…

突然、照明がすべて消えてしまいました。

まぁ外は明るいので真っ暗になったわけではないのですが、これにはビックリ。
…どうやら僕がドアを開けた瞬間が閉館時間だったようです。

管理人さんのご厚意により、時間外ながら一通り見学させていただきました。
秋吉台で発見された化石や遺跡などが展示されていました。

〜〜

ふと気がついたら新山口へ向かうバスの発車時刻まであと15分。
博物館を出てバス停へ…と思ったところ、博物館前にあった案内板には『秋芳洞入口バス停まで30分』。

こりゃ間に合わないか…と、ここで思いつきました。洞窟の全長は1km、ということは洞窟内を突っ切れば10分でたどり着ける!

ということで急いでエレベータまで戻り、秋芳洞の中へ。

#本当は再入場時に100円かかるのですが、窓口で
#『バス停まで行くんでしょ?お金はいいよ』
#と言ってもらえました。
#僕と同じことを考える人が少なからずいるようですね。
#とにかく感謝!

秋芳洞ももうすぐ見学時間終了。
ほとんど無人の見学路を先ほどと逆方向に走り抜け、

秋芳洞・入口を中から.jpg

洞窟の外へ。

そのまま、すでにほとんど閉店してしまった商店街を突っ切り、新山口行きのバスに滑り込みセーフ…。

最後はかなり慌ただしくなってしまいましたが、高校以来10数年ぶりに訪れた秋芳洞&秋吉台は、当時の倍近い年齢となった今の目で見てもやはり強い印象を残す景色でした。
ここまで足を伸ばしてきて良かった…。

〜〜

【秋吉台科学博物館】
開館時間:8:30〜16:30(12〜2月は〜16:00)
休館日:年末年始
入館無料
posted by MAX CARTER at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 景勝地
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。