2006年02月28日

厳島神社再訪〜海に浮かぶ神社の姿

再び宮島へ。
こんどはちょうど満潮になる時刻を狙っていきました。

【宮島口】〜【宮島】間のフェリーにはJR系と広電系が平行して運行しています。
料金は同じで乗り場もすぐ隣なのですが、『行き』はJR系がオススメ。9〜16時はわざと大回りをして厳島神社の大鳥居に接近するコースを通ってくれます。満潮時に海側から大鳥居を見るにはこれが最適。

#などと偉そうなことを言っておいて、写真は見事に白トビ失敗orz

それでは再び厳島神社内へ。
2日前と同じ場所を撮影してきましたので、比べてみてください。

厳島神社・鳥居遠景・満潮時

桟橋から厳島神社方面へ向かい、大鳥居が見えてきました。

厳島神社・鏡の池・満潮時

【鏡の池】
干潮時には中央部に丸い小さな池があるだけでしたが、満潮の今はあたり一面が水になっています。

厳島神社・正面・満潮時

【平舞台】
舞台のすぐ下まで水が来ているのが判ります。

厳島神社・廊下・満潮時

廻廊もすぐ下まで水が。
『海に浮かぶ神社』の不思議な美しさが堪能できます。

厳島神社・能舞台・満潮時

【能舞台】
この状態だと床板の下に共鳴のための空間がないため足を打ち鳴らしたときの音が響かないので、床板自体に独自の工夫がされているそうです。

〜〜

というわけで、干潮時・満潮時でまったく異なった姿を見せる厳島神社。それぞれに美しい景色なので、時間を調節してぜひ両方見ることをオススメします。
posted by MAX CARTER at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社・教会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。