2009年03月23日

おきなわワールド〜王国村

玉泉洞から出ると、そこはおきなわワールド【王国村】の一番奧。ここから入口の方へ向かっていろいろ見物していくことになります。

まず最初は熱帯植物園。
沖縄各所でも見たような色とりどりの花、もあるのですが…

ここの特徴は、なぜか『食べられる植物』が多いこと。
おきなわワールド・バニラ

これはバニラ。
アイスクリームなどに使われるこの特徴的な香りを知らない人はまずいないでしょう。
お菓子作りが趣味の人なら乾燥させたサヤは見た事があるかもしれません。
でも、植物全体を見る機会はなかなかないでしょう。僕も初めて見ました。

おきなわワールド・バナナの樹

バナナ。
上の方に、まだ青いですがバナナの房が大量についています。

おきなわワールド・アボカド

アボカド。南米原産の森のバターといわれる植物ですが…
樹は案外、『普通』な感じですね??

他にもマンゴスチン、シークワーサー、その他いろいろありました。

〜〜

植物園を抜けると、沖縄の村を模したエリア。

おきなわワールド・王国歴史博物館

【王国歴史博物館】と看板に書かれた建物があったので入ってみました。

おきなわワールド・シーサー展示

僕が見た時は『シーサールーツ展』と題し、沖縄のシーサーと本土の狛犬、そして中国にもある犬を象った像の比較展示を行っていました。
材料が石だったり木だったり、形も地域や時代によって似ているようでそれぞれ特色がありなかなか面白かったです。

このエリアには沖縄の民家風の建物が多数あり、

おきなわワールド・民家の中

中に入れるものも。建物の構造・内装自体が展示のようです。

おきなわワールド・蛇の皮

天井を見上げると一文字幕が…と、よく見たら巨大なニシキヘビの皮でした。
部屋の端から端まであります。何メートルあるんだこれ…

他にも、沖縄の小物造りや楽器演奏、踊りなどの実演・体験をやっている建物や、民芸品や食べ物を販売している店などがあります。

変わったものでは『光る泥団子』を作る体験コーナー。
…ええと。泥団子って、どうかすると相当な硬度を持つように出来るそうで、どこかの大学の先生がそれを専門に研究していたような…

〜〜

おきなわワールド・さとうきびジュース

喫茶コーナーで『さとうきびジュース』の文字に惹かれてつい一杯。
目の前で機械にさとうきびを突っ込んで絞ってくれます。

本物のサトウキビなんて見た事がなかったので、竹のような固い茎からほんのちょっぴりしか絞れないのかな、と思っていたのですが…見る間にけっこうな量の絞り汁が出てくるのが驚きでした。

グラスにさしてあるのはストローではなく、細く割ったサトウキビの茎です。意外に柔らかく(バルサ材よりもっと柔らかい…ってあくまで木じゃなくて草なんだから当然か)、嚼むと簡単に潰れ、甘い汁が染み出てきます。

〜〜

おきなわワールド・ガラス工房

【琉球ガラス王国工房】
僕が見た時はなぜか誰もいなかったのですが、実演が見られる様です。
隣の売店ではガラス工芸品の販売も。

…割らずに持って帰ってくる自信がなかったので買いませんでしたが…。

おきなわワールド・ハブ酒

ハブ酒を作っている工場もありました。
タンクの中でアルコール漬けにされたハブたち…なんというか、可哀想な気もしますが…。
もちろんハブ酒も売っていました。

…これは買おうとさえ思いませんでしたがw

〜〜

そして、【王国村】を出てすぐ、つまり入口に近い無料エリアの【エイサー広場】で、

【スーパーエイサー】

を鑑賞。
数日前にレストランで見たショーよりずっと大きな舞台なので、
演者の人数も多く、動きもダイナミック。
タイコを抱えたまま跳んだり跳ねたり。
客席の中を高々と脚を上げながら練り歩いて。
かと思えば、老人と老婆のお面をつけた踊り手の無言劇があったり。
獅子舞ならぬシーサー舞があったり。
非常に変化と迫力と躍動感のある演舞を見られました。

…残念ながら、このおきなわワールドの中ではスーパーエイサーの上演中だけ撮影禁止。
でも終演後にステージ上で演者の方たちと記念撮影させていただきました。公開しないけど。

僕は全エリアのフリーパスを買ってしまったので意識していなかったのですが、実はスーパーエイサーは入場料なしでも見られるようです。
まぁここまできて有料エリアのどれにも入らない人はいないと思いますが。玉泉洞もハブショーも面白かったし。

〜〜

あとは土産物店をひととおり見て、おしまい。
那覇に戻るのにどれくらい時間がかかるかまったく判らず、万が一にも飛行機の時間に間に合わないと困るので、夕方には後ろ髪を引かれる思いで【おきなわワールド】を後にしました。

…実際にはもう2時間、閉園ギリギリまでいても大丈夫だったようなのですが。
次に行く機会があったら、もっと時間を気にしないで済むように日程を組みます…。

〜〜

【おきなわワールド】
http://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/
沖縄県南城市玉城字前川1336
営業時間:9:00〜18:30 (4〜10月)、〜18:00 (11〜3月)
年中無休
入場料金:王国村のみだと600円、玉泉洞+ハブ公園+王国村すべてで1600円など
交通:那覇BTより54番『前川線』、83番『玉泉洞線』で【玉泉洞前】下車 1時間程度

見学所要時間:
玉泉洞:30分〜
ハブ公園:展示30分〜、ショー20分
王国村:体験コーナーなどを見ていると何時間もかかるかも?
スーパーエイサー:20分

事前にハブショーとスーパーエイサーの開園時刻確認を推奨。
僕は最初にハブに行ってしまいましたが、開始時刻の決まっている物を先にまとめて
スーパーエイサー → ハブ → 玉泉洞 → 王国村と進んだほうがいいかもしれません。

タグ:沖縄県 南部
posted by MAX CARTER at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマパーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。