2006年02月25日

大和ミュージアム

広島旅行初日、2番目の目的地は呉にオープンした【呉市海事歴史科学館】、通称【大和ミュージアム】です。

呉駅から客船ターミナルの方へ向かって徒歩数分。
大和ミュージアムに到着。

建物の前には、

大和ミュージアム・陸奥主砲

戦艦陸奥の主砲がどーん。
口径40cm、砲身長18mの大きさ。

#お台場にある船の科学館にも同じ物がありますね…

大和ミュージアム・陸奥スクリューと舵

これも陸奥のスクリューと舵。
スクリューの直径は5mもあります。

大和ミュージアム・大和模型1

中へ入って最初に見るのがこの1/10大和。

大和ミュージアム・大和模型2

2階への通路から後甲板を見下ろしています。
大きい…。

以前、船の科学館に1/20の模型(映画【連合艦隊】の撮影に使われたもの)がありましたが、迫力がまったく違います。2倍でこんなに印象が違うんですね…。
それにこの模型は細かいところまで緻密に作り込まれていて、
『あんなところにハシゴがあるんだ!』
などなど、従来の写真やイラストでは判らなかった発見がいろいろ。

大和ミュージアム・大和模型3.jpg

今度は前甲板側から。

〜〜

大和ミュージアムは、正式名称である【呉市海事歴史科学館】の名前が表す通り、造船によって発達した科学技術と呉の歴史にスポットを当てた博物館です。

その他にも、船に関する様々な科学的な展示があったり、廣瀬少佐や佐久間艇長のエピソードにまつわる展示があったりと様々。
…なぜか『宇宙戦艦ヤマト』関連の展示もあります。

船に興味のある人ならば一度は訪れてみるとよいと思います。

〜〜

ミュージアムの海側には、

大和ミュージアム・大和波止場.jpg

【大和波止場】と名付けられた場所が。

上空から俯瞰しないと判りにくいのですが、ここには戦艦大和の左半分が実物大で描かれています。
上の写真は第2主砲付近です。

大和ミュージアム・大和坂機銃

こちらは対空機銃。
呉港を長めながら散歩しました。

〜〜

というわけで、大和づくしの1日目でした。

【呉市海事歴史科学館】(大和ミュージアム)
http://www.yamato-museum.com/
開館時間:9:00〜18:00(17:30最終入館)、7、8月は〜19:00(18:30最終入館)
休館日:火曜(祝日の場合は翌日に振替)
入館料金:大人500円/高校生300円/小中学生200円/未就学児童無料
見学所要時間:2時間半〜

タグ:広島県 戦争
posted by MAX CARTER at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。