2009年03月21日

美ら海水族館〜ジンベエザメ!

【美ら海水族館】の展示室は3Fスタート。降りていきながら見学する形式でした。

美ら海水族館・イノーの生き物たち.jpg

まず入って最初の展示は【イノーの生き物たち】
イノーとは沖縄の方言でサンゴ礁に囲まれた浅瀬のことだそうです。

ここではヒトデやナマコなどに触ることができます。
すべて本物のはずなのですが、意外に表皮が硬いのであまり面白くないかも??
ある種のナマコはつつくと自分の腸を体外に出したりするそうですが…
…そういうのはこういう場所には出しませんよねぇ…

美ら海水族館・サンゴの海1.jpg

【サンゴの海】
色とりどりのサンゴが水槽の中を飾っています。

美ら海水族館・サンゴの海2.jpg

形も様々。
本物の生きたサンゴの飼育はめずらしいということで…
…そういえば別の水族館では『サンゴは全部作り物』と説明していたなぁ…。

美ら海水族館のサンゴは、完成品をどこかのサンゴ礁から切り取ってきたのではなく、
小片から10年かけて飼育成長させたものだそうです。

美ら海水族館・熱帯魚の海.jpg

【熱帯魚の海】
このフロアの水槽は外光を取り入れていることが判ります。

〜〜

2Fへ下りると、今度は小さめの水槽で種類毎の展示になりました。

美ら海水族館・サンゴの花畑.jpg

花畑のように鮮やか。
これもサンゴの一種、だったかな?

美ら海水族館・ニシキエビ.jpg

ニシキエビ。
対比物がないのでよくわかりませんが、体長40〜50cmくらいのバカでかいエビです。
こんなのが水槽の中に少なくとも4尾。

近くにいた人がおもわず『おいしそう…』とつぶやいているのが聞こえてしまいましたw
実際、伊勢エビと同属種で、食べられるそうです。
一尾丸ごとだと1人では食べ切れなさそう…。

美ら海水族館・ハコフグ.jpg

これも姿が面白いので写真掲載。
ヘンなオジサン化したピカチュウ

…ええと、ハコフグの一種かな。名前を忘れてしまいました。


このエリアには【水辺の生き物たち】として、浅瀬やマングローブ林などに住むヤドカリなどの生物の展示もありました。

〜〜

美ら海水族館の展示コースでは、ところどころにA4両面フルカラー印刷解説カードが置かれています。無料にもかかわらずかなり立派なものなので、全部で18種類。
僕も一通り貰ってきました。

〜〜

続いて【美ら海シアター】
部屋の前を通った時に丁度上映が始まるところだというので入ってみました。
ハイビジョン撮影された沖縄の海中風景。
プログラムは3種類、平日は毎正時、土日は30分ごとに上映されているようです。
1回20分程度。

上映が終わりスクリーンが収納されると、そこは水槽になっていました。

そしてシアターを出ると…

美ら海水族館・黒潮の海.jpg

ついにきました、観光ガイドなどでもおなじみのこの場所、
【黒潮の海】大水槽前

とにかく大きな水槽です。
ゆるいスロープをじぐざぐに下りていきながら水槽を見られる様になっています。
通路は充分に広いので、スロープの途中で立ち止まっていても他の人の邪魔になりません。
(でも、三脚を立てたりするとさすがに迷惑だと思いますので止めましょうw)

巨大なジンベエザメが3匹ゆったりと泳いでいます。
なぜか1匹だけ身体中にコバンザメが張り付いていますw

#あれ、サメってどうやって数えるんだっけ?
#小型魚なら『1尾』
#クジラなら『1頭』だけどあれは大きさじゃなくて哺乳類だからだよね??

そしてこれもまた大きなマンタ。
優雅に舞っているようにすら見えます。

かなり長い時間、ここでぼーっと水槽を眺めていました。
これを肉眼で見られたことで、那覇から2時間半もかけてやってきた甲斐がありました。



〜〜

この大水槽の隣にはカフェがあります。
丁度お昼時、食事をしようかなと思ったのですが…

          大  混  雑

…まぁ、当たり前か。
ちょうど定期ツアーの団体客が何組もやってくる時間帯。
このカフェはジンベエザメの水槽をみながら食事ができる席もあるということなので、時間が限られている場合は入館早々ここまで直行する人もいるのかもしれません。

というわけで、、、、
いいよいいよ、昼食くらい食べなくても死にはしないし。

〜〜

大水槽の次は【サメ博士の部屋】
サメ関連の標本やパネルなどが主のコーナー。

中でも人気があったのは、

美ら海水族館・サメの歯.jpg

サメの顎の骨格模型(古代鮫の化石のレプリカらしい)。
この口の中に立って記念撮影する人が次々と…。

他にも、ホルマリン漬けのサメの胎児とか、
サメの身体の各部分をスライスして観察できる模型とか、
各種のサメの歯の標本とか、
触ってみられる『鮫肌』標本とか、

いろいろ面白いものがありました。

〜〜

【黒潮ツアー受付】という看板を見つけました。
どうやらバックヤードに入れるようです。

ぜひ見たい、と思い受付カウンターへ行って訊いてみると、

  係 『今からの予約だと16時からの回になりますね…』

現在時刻、12:40。
さすがに3時間以上も待つのは…と思ったところ、

  係 『お客様、もしかしてお1人ですか?
      …14時からの回に、1人分だけ空きが…』

  僕 『それでお願いします!!

かくして予約ゲットw

〜〜

さらに進んで。
先ほどの大水槽を、別の角度から見られる場所がありました。

美ら海水族館・シノノメサカタザメ.jpg

サメっぽくみえて実はエイの一種。

美ら海水族館・マンタ.jpg

マンタを見上げる角度でみることができました。

〜〜

水族館順路、最後のコーナーは【深海】
グロテスクな深海魚、
発光器官を持つ魚や深海生物をみられる『海のプラネタリム』、
などいろいろ面白かったのですが、
暗すぎて携帯電話の内臓カメラではまったく撮影できず。

唯一、

美ら海水族館・ダイオウイカ.jpg

この気色悪いイカの標本だけがなんとか見られる程度に写りました。
(これも暗さのせいでブレてますが…)

〜〜

もうすぐ13時。
いったん館外へ出て、次はイルカショーを見ることに。

posted by MAX CARTER at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水族館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。