2009年09月17日

日原鍾乳洞

奥多摩駅前からバスで【日原鍾乳洞】へ。

古くて座席の座り心地の悪いバスがガタガタと音を立てながら進んでいきます。
細い道・急カーブ・長いトンネルのつづく30分。

…ここは本当に21世紀の東京なんだよね?

日原鍾乳洞・バス停付近.jpg

たどりついたのは山の中の橋の手前。
『鍾乳洞です〜終点です〜』
と運転手に言われるまで乗客は誰も下りようとしません。
…そらそーだ、どこに鍾乳洞があるの?という場所だから。

『鍾乳洞へはどうやって行けばいいんですか?』
と聞くと、
『その橋を渡って、右の方の道を6,7分くらい』
とのこと。

というわけでいざ出発。

日原鍾乳洞料金所と入口.jpg

まぁ、細いとはいえちゃんと舗装された車道なわけで。
すぐに鍾乳洞前に到着。

早速チケットを買って入口へ…

日原鍾乳洞・入口.jpg

…って、



なに、この冷たい風は?!



鍾乳洞の入口に近づいただけで判る冷気。
洞窟の類は内部の温度が一定に保たれるため『夏は涼しく冬は暖かい』などと表現されることが良くありますが…

『涼しい』っていうレベルじゃねぇ!
エアコンのかけ過ぎ…よりむしろ大型冷蔵庫を開けたときの冷気に近いかも。

そのまま突入…

さ、寒いよ!

入ってすぐの位置に気温計がありました。


10℃


だいぶ涼しくなったとはいえ、外の気温はまだ23℃くらいはあります。
そこから一気に13℃も下がれば、それは寒いに決まっています。


おまけに狭い!
天井低い!
大人はまっすぐ立って歩けないような場所があちこち。

日原鍾乳洞・通路.jpg

天井からはぽたぽたとしずくがたれ、
足下には水たまり。

…いやそのほうが楽しいんですが。

〜〜

例によって、不思議な形をした岩の数々。

日原鍾乳洞・船底石.jpg

天井から大きく垂れ下がった、船の底のような形の【船底石】

数カ所、局所的に広くなっている空間の、暗がりの中で見えない天井。

日原鍾乳洞・弘法大師学問所.jpg

弘法大師が修行したとされる場所。

そのすぐそばには不思議な音楽を奏でる【水琴窟】があります。
東南アジアの民俗音楽のような、『水の音』のはずなのに一瞬金属的にも聞こえる、不思議な響きです。

水琴窟の音が聞けます

日原鍾乳洞・三途の川2.jpg

【地獄谷】【三途の川】と進んで、


日原鍾乳洞・最奥1.jpg

最奧部へ。

そこはいままでの通路の狭さがウソのような広大な空間で、
奧にはビル3階分程度の高さのあるなだらかな山があります。

日原鍾乳洞・がま岩.jpg

傍らにはうずくまった巨大なガマがエルのように見える【ガマ岩】。

山へ登る前に、さらに深くへ降りる道を進んでみました。

日原鍾乳洞・十二薬師

そこは小部屋になっていて、すぐ行き止まり。
中央には小さな社。
きらきら光る粒のように見えるのは1円玉!
壁にどうやって張り付いているのかよく判らないのですが。

再び本道に戻って山へ登っていくと…

日原鍾乳洞・縁結び観音1.jpg

頂上にはなぜか【縁結び観音】(『そう見える鍾乳石』ではなく人が作った観音像)。

日原鍾乳洞・縁結び観音2.jpg

アップでもう1枚。

縁結び観音ということで、、、、

ええ、もちろん念入りに拝んできましたとも(自嘲笑)

〜〜

出口の方へ戻る途中、枝分かれした【新洞】の方にも言ってみました。

日原鍾乳洞・新洞入口.jpg

メインルートの【旧洞】と違って非常に急な階段を上ったり下りたり。
一番高いところは旧洞よりビル5、6階分くらいは登ったんじゃないかな?

近代建築の5階分なんて大したことが無さそうですが。
あちこちから鍾乳石が飛び出している狭い階段です。
屈んだり身体を捻ったりしながらの上り下りはかなり大変です。
登りが一段落したあとも、旧洞とちがい金属などで作られた通路・階段・橋の上を通る部分が多くなっています。
安全のため頭の上まで金網が張ってある場所もあります。

新洞の鍾乳石をいくつか。

日原鍾乳洞・龍王の間

岩の隙間になにか潜んでいそうな【龍王の間】。

日原鍾乳洞・金剛杖

太い石の柱が立ち並ぶ【金剛杖】

その他、様々な奇岩を見られればその苦労の甲斐もあるというものです。

日原鍾乳洞・雨降り岩.jpg

新洞から旧洞へ戻る階段を下るあたりに大きくせり出した【雨降り岩】。ここからかなり下っていきます。見通しが悪く、まるで地獄の底へと降りていくような感覚。下るほど狭くなり、最後は頭をぶつけそうになりながらやっと生還。

〜〜

というわけで、1時間近くかけて脱出成功w
あー面白かった。

〜〜

【日原鍾乳洞(にっぱらしょうにゅうどう)】
http://www.nippara.com/nippara/syounyuudou/syounyuudou.html
↑割引クーポン券あり(2009.09現在)
無休
入場時間:
 4/1〜11/30 8:00〜17:00
 12/1〜3/31 8:30〜16:30
入場料金:大人600円
交通:JR【奥多摩】駅前よりバス『鍾乳洞』行き、終点より徒歩5分
 注:鍾乳洞行きは平日しか運行されていません。
   土日祝は『東日原』行きの終点から徒歩25分程度かかります。
見学所要時間:公式サイトでは40分とありますが、1時間程度かけてゆっくり見ることをオススメします。

posted by MAX CARTER at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洞窟・鍾乳洞
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。