2009年03月20日

玉陵〜琉球王族の眠る聖域

首里城公園の入口近くの【首里杜館(すいむいかん)】(レストハウス)を抜けてさらに首里駅と反対の方向に少し進むと、【玉陵(たまうどぅん)】
琉球王国の歴代国王と王妃が葬られている墓所です。

玉陵門

入口は小さくて地味。小中学校の通用門を連想してしまいました。
首里城と違って人影もまばらですが、ここも重要文化財で世界遺産。

〜〜

まずは【奉円館】(という名前がついていますが受付・事務所の建物)の地下展示室から。
さすがに骨室の中には入れないので、中の様子を撮影した写真や蔵骨器(骨壺に相当)の写真などが展示されていました。
埋葬方法についての解説もありました。
琉球王国の埋葬方法は火葬でも土葬でもなく、

葬儀の後、白骨化するまで待つ
骨を洗い清める(洗骨)
改めて骨室に納める

という手順なのだそうです。

それでは管理棟を出て玉陵へ…。

玉陵外壁

西の御番所跡(いまはただの空き地)の前を通り過ぎて参道を進むと、玉陵を囲む石壁【石牆(せきしょう)】が見えてきます。

玉陵入口.jpg

ここが入口。人がひとりしかくぐれない小さな門です。

よくみると真っ直ぐ奧にまた同じような門があるのが判ると思います。

玉陵は上から見ると石壁で【日】の形を描いたようになっていて、
【日】の字の上辺(北側)の中央にこの外門があるとすると、

上側の空間が外庭
上下を区切る石壁があり、その中央に中門
下側の空間が中庭、下辺が陵墓本体

という構造になっています。

玉陵外庭

外庭はこの通り、ほとんどなにもありませんが、
中門に向かって左手には

玉陵碑

石碑がひとつ。
ここには埋葬される王族の条件が記されているそうです。

玉陵内門

中門、ここを通ると中庭。

中庭は神社と同じように玉砂利が敷きつめられていて…
と思ったら、これはサンゴの破片だそうです。

そして、

玉陵全景

これが陵墓の本体。
扉が三つありますが、
左手の東室には王と王妃が、
右手の西室には王と王妃以外の王族(石碑に書かれている者)が葬られていて、
中央の中室は洗骨前の遺骸を安置する部屋だそうです。

そこには、僕以外、生きている人間は誰もいません。

静かです。

すぐ近くある首里城の観光名所らしい賑やかさがウソのようです。

静かです。

耳が痛くなってくるほど静かです。

突然、ここが琉球王族にとっての神聖な場所であるということが強く感じられました。

〜〜

【玉陵(たまうどぅん)】
http://www.edu.city.naha.okinawa.jp/bunkazai/isann/tamaryou/tamaryou.htm
首里駅より徒歩15分
観覧時間:9:00-17:30入場締切
観覧料金:大人200円(ゆいレール1日乗車券の提示で100円)


『日』の形が良く判るように航空写真を貼り付けてみます。
森の中にテニスコートでもあるように見えるところが玉陵です。

posted by MAX CARTER at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社・教会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。