2009年03月19日

カンピレーの滝

マリュドゥの滝展望台ではあまりのんびりせず、先へ進むことに。
僕にとってはカンピレーの滝の方が主目的。
そのためにこのツアーを選んだので。

西表島の山道・立入禁止

マリュドゥの滝展望台から下りて少し進んだ位置に、分岐点が1つ。
写真右手へ下っていく階段が、マリュドゥの滝のすぐ近くへと至る道です。

ご覧の通り現在は通行止め。
…オールを看板代わりにしているのは…。

そして再び山道を。
地図によると、マリュドゥの滝展望台からカンピレーの滝までは700〜800mほど。
船着場からの全行程で考えると、残り1/3くらいのはずです。

西表島の山道・橋2

また橋を渡ったり、
岩の階段を上ったり、

進んでいくと…

突然視界が開けて、

西表島・カンビレーの滝1

カンピレーの滝に到着!

軍艦岩からの所要時間は、展望台での時間を入れても30分弱。

やったー!
これならカンピレーの滝周辺を散策する時間が取れる!

カンピレーの滝は、『滝』といっても大きな落差を流れ落ちているわけではなく、
一つ一つは数十センチ〜数m程度の落差が長さ200mに渡って続いています。
ごつごつした岩の上を、小さな島のどこからこんな量がと思うような水が流れています

西表島・カンビレーの滝2

流れの中に飛び出した岩の上から撮影してみました。
水深は浅いのですが水量と流速はそれなりにあり、場所によっては転落したら危険そうです。

が、中心からはずれた流れの緩い部分はかっこうの水遊び場になっているようです。
さすがに3月なのであまり人はいませんでしたが、夏はそれなりに賑わうとか。
岩場の細い流れの中には小さな魚やカニも見られました。

動画でもどうぞ↓


〜〜

カンピレーの滝を楽しんでから、元来た道を戻ります。
今度は時間配分が判っているので回りの景色を楽しむ余裕もありました。

実はここまで掲載した写真は、すべて帰り道で後ろを振り返りながら撮影した物ですw
マリュドゥの滝展望台にももう一度立ち寄り、遠目ながらじっくりと滝を眺めて…。

遊覧船出発の数分前に軍艦岩船着場に戻りました。

〜〜

マリュドゥとは『円い淀み』、
カンピレーとは『神の座すところ』
という意味だそうです。

この2つの滝は名称の表記が一定せず、
『マリュドゥ』、『マリユドウ』、『マリュウド』、『マリュード』
『カンピレー』、『カンピラ』
など、いろいろな書き方をされています。
現地にある看板は『マリュドゥ』と『カンピレー』でしたが、どれが正式なんでしょう??

〜〜

【マリュドゥの滝、カンピレーの滝】
見学所要時間:
普通の人の足だと軍艦岩からカンピレーの滝まで往復2時間と考えた方が良いでしょう。
ガイドブック等には90分と書かれたものもありますが、それでは休まず歩いて<往復するだけ>になってしまいます。

〜〜

西表島・滝を見るツアーコース地図.jpg

GPSで計測した、今回のコースはこんな感じ。
また来ることがあったら、今度は現地に3時間くらいいられるようにしたいですね。そしてもっと上流まで行ってみたい…。
posted by MAX CARTER at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 景勝地
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。