2009年03月19日

マリュドゥの滝

11:10、軍艦岩船着場に到着。

西表島・軍艦岩船着き場

小さな桟橋。
流れは静かです。

西表島・軍艦岩周辺

ここより上流はこんな感じ。
岩だらけ。急に川幅も細くなっています。
これ以上はカヌーでも登れないので、滝を見る人は全員ここからは徒歩になります。

目指すは【マリュドゥの滝】と【カンピレーの滝】の2つの滝。
軍艦岩船着場からこの2つの滝までは1本道です。
遠い方のカンピレーの滝までは2kmちょっと。

早速、山道に突入…

と、遊覧船の船頭さん曰く


    『帰りの便は90分後の12:40発ですので遅れないで下さいね〜』


へーい。

って90分?!

山道で片道2km以上。
普通の人の足だと、平地でも片道30分以上かかります。
さらに山道だと1.5〜2倍程度の時間がかかることが多いので、
往復90分はかなりキツイような気が…


    『ダメだと思ったら、途中のマリュドゥの滝までで引き返して下さいね〜』


ってオイ?!


#帰ってきてから調べたら、観光案内のページなどには
#『途中のマリュドゥの滝まで30分、カンピレーの滝まではさらに15分』
#と書いてありますね…。


でも僕の足なら90分でも往復可能なはず…
とにかく山道に突入。

西表島の山道・石畳.jpg

と、山道と言ってもこのとおり石畳。

なーんだ、こんな歩きやすい道なら簡単に到達・・・・・・


西表島山道.jpg

とおもったらすぐにこんな道に(笑)
まぁ道を見失うことはなさそうです。

そこからはクネクネウネウネとまがりくねった山道を、

西表島の山道・橋.jpg

板一枚の橋を渡ってみたり、

西表島野山道・小さな滝.jpg

小さな滝があったり、

西表島の山道・通せんぼ.jpg

倒れた大木(?)の下をくぐり抜けたり、

西表島の山道・沢.jpg

小さな流れを飛び越えたり。

滝をゆっくり見たいので、とにかくかなりのペースで歩きました。
今回のゴール、カンピレーの滝まで全速力で行って、道の状態や時間配分が判ってから、2つの滝や途中の景色を時間の許す限りゆっくり見ながら戻ってくるという作戦です。

山道で突出しすぎるとマズイかな、とも思ったのですが、、、
いつのまにか同じ船で来た他の人達をはるかに引き離してしまい、、、

わずか15分で【マリュドゥの滝】展望台へ昇る階段にたどり着きました。
普通の2倍のペース。

西表島の山道・展望台近く

ここが【マリュドゥの滝】展望台への上り口。
写真右手へ、ほんの30mほど階段を上れば展望台です。

写真左手はさらに奧のカンピレーの滝へ向かう道。

西表島の山道・展望台

展望台はこんな感じ。

そして展望台からは…

西表島・マリュドゥの滝

見えた−!

マリュドゥの滝は落差20mが2段構え。
日本の滝100選にも数えられる名瀑です。


動画でもどうぞ。



観光ガイドブックにはマリュドゥの滝の間近まで行けると記述されている物が多く、またそこまで行ったという記事や写真を掲載しているブログも多いのですが…
残念ながら2009年3月現在、マリュドゥの滝のもとへと通じる道は通行止めになっています。

遊覧船の船頭さんの話によると、数年前に転落事故が起きてしまったのだそうで…
以来、マリュドゥの滝はこの展望台からの眺めを楽しむことしかできなくなってしまいました。
残念なことです。
posted by MAX CARTER at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 景勝地
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。