2009年03月19日

西表島ツアーに出発!

9:30、西表島南東部の大原港に到着。
なんとなーく小さな港を想像していたのですが、ちゃんとした近代的な桟橋でした。

港近くの駐車場には、西表島内の各ツアー向けのバスが並んで駐まってます。そのうち一台に乗車して出発…


さて。
駐車場を出てすぐの交差点には、

西表の信号1と郵便局

信号が。

…そりゃ交差点には信号くらいあって当たり前だろうって?

  ま、それもそうですね。

信号の近くには郵便局も見えます。
…郵便局くらいどこにでもあるだろうって?

  ま、それもそうですね。

〜〜

西表島は、人口2千人。
人口4万5千人の石垣島よりもむしろ面積は広く、その大半は森林になっています。
人が住んでいるのは海岸に近い位置に点在する集落だけで、それらを結ぶのは島東部〜北部の海岸沿いを通る県道がほぼ唯一の物。船でアクセスするしかない場所もあるそうです。

島には小中学校が1つずつ。
中学校は全校生徒30人。…誰でも学年ベスト10!
小学校は全校生徒が8人。…学年2位になったら恥かも…。

町を離れると、あちこちにこんな看板が。

山猫飛び出し注意1

  『イリオモテヤマネコ飛び出し注意』

山猫飛び出し注意2

こちらは別デザイン。
交通事故で死んでしまうイリオモテヤマネコが少なくないそうです。

わざと車の振動を大きく伝えてイリオモテヤマネコを道路上から追い払う構造、
道路を横断する山猫専用トンネルなどいろいろ工夫はされているそうなのですが。

イリオモテヤマネコは全島で100頭程度と数が少なく、また夜行性のため、観光客がネコを見たとしてもそれは『イリオモテノラネコ』の間違いと言うことで…(バス運転手談w)

〜〜

40分ほど走り、島北部の上原港を過ぎたあたりで

西表島の信号2

もうひとつ信号が。


なぜそんなに信号ばかり気にするか、って?

…実は西表島には、先ほどの大原港近くの物とあわせて

    信号が2箇所にしかないのです。

つまり西表島内では、

    信号がある風景はレア

なんですねー。


そして、先ほどの大原港近くの信号は、


    日本の交通信号機でもっとも南に位置する


という付加価値も(笑)
さらにいえば、西表島の交通量では信号がなくてもとくに問題はないのですが、


    島の子供達に『交通ルールを教える』


ことを目的として作ってあるのだそうです。


また、信号の近くにあった郵便局も、


    日本で最も南にある郵便局


なんだそうです。

そんなトリビアを聞きながらバスに揺られて1時間。
浦内川の船着き場に到着。


西表島・浦内川遊覧船

ここから遊覧船(といってもかなり小型ですが)で上流へ向かいます。



川岸のマングローブを眺めながら。

西表島・内浦川マングローブ

途中、山肌に『聖紫花(せいしか)』という花らしきものを見ることが出来ました。
西表島と石垣島に自生するツツジ科の植物で、
主に山地など見つけにくい場所に咲くために『幻の花』と呼ばれているそうです。

そんなこんなで約20分後の11:10頃。
船で行ける最上流点、軍艦岩船着き場に到着。
posted by MAX CARTER at 09:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 町の風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。