2008年09月26日

所沢航空発祥記念館

突然思い立って所沢の【航空公園】およびその中にある【航空発祥記念館】に行ってきました。


朝から出かけて10:30頃現着。

駅を出ると、バス停などのあるロータリーの向こうにいきなり…

航空公園駅前のYS11

YS-11の実機。
駅前広場に大型の航空機が飾ってある駅はそうそうないでしょう。

…と、最初からびっくりですが、さすがに実機展示がそこら中にあるわけではなく、しばらくは普通の公園の中を歩き…。

航空発祥記念館外観

これが【航空発祥記念館】。

公式ページから割引券をゲットしていたので、常設展示+映画の両方を見られるチケットを通常800円→650円で購入。中に入ります。

〜〜

最初のコーナーは【研究室】。
『動植物から学ぶ飛行』、『飛行の原理』について展示。

入ってすぐ。鳥類、昆虫、動物、植物の飛行シーンのビデオを閲覧できるほか、
垂直風洞の風量を調節して綿毛つきの種子などを滞空させる実験装置などがありました。

少し進むと、気球・飛行船の原理。
上がったり下がったりしている熱気球(誰も見ていないのに)
ヘリウム気球(実物)、

風船体重計

人を持ち上げるのには風船は何個必要か、がわかる体重計(僕は5661個でした)。

風洞

翼で揚力を得られる原理として、風洞等の実験があり…

ベルヌイ

ベルヌーイ先生登場。
動いて、喋ります(CVは多分青野武さん)。
傍らにはベルヌーイ管の実験装置があり、高速→定圧という現象を目で確かめることが出来ます。

ベルヌイ実験

これもベルヌーイ関連の実験。
大きな漏斗から、下向きに空気が吹き出しています。
…なのに、ボールは漏斗の中に吸い込まれ、落ちてきません。

原理が判っていても不思議です。


続いて【格納庫】。
航空の歴史について。
ライト兄弟の初飛行、
飛行船全盛時代の記録映像、
日本での航空発達史など。

九一式戦闘機の胴体(実物)という、非常に貴重なものも展示されています。

最後には宇宙開発についての解説も。

〜〜

ここで昼食をとることにしました。
いったん展示室を出て(当日限り何度でも出入り可能です)、レストランへ。

レストランはバイキング方式。

ランチ

パスタ、オムレツ、ロールキャベツ、白身魚のカルボナーラソース、鶏肉の香草焼、蟹クリームコロッケ、焼売、切り干し大根、カレー、そうめん、ポテトサラダ、レタスサラダ、コーンサラダ、ブロッコリーサラダ、チーズケーキ、ゼリー、フルーツ、ジェリービーンズ、珈琲。

…和洋中混ざりすぎ。それにジェリービーンズって。

まぁ、博物館付属のレストランで値段が800円ということを考えれば、気が利いている方かな…。

〜〜

食後、映画の上映開始時刻になったので映写室へ移動。
IMAX方式の大画面、でした。…まぁ最近はIMAXって珍しくも何ともないんだけど。

上映作品は【THE DREAM IS ALIVE】。
スペースシャトルの活躍を描く40分ほどのドキュメンタリー映画でした。

発射〜衛星の設置・修理などのミッション〜地球への帰還まで。
宇宙から見た地球の美しいこと!

〜〜

再び展示の見学再開。

【格納庫】エリア。

航空発祥記念館格納庫

航空発祥記念館格納庫2

実機が多数展示されています。
一部はメンテナンスハッチが開かれていて中が見えるようになっていたり、
機体の中に入ってみることが出来るようになっていたりします。

ベル204B

HU-1B(特攻野郎AチームのOPで飛んでた奴の兄弟分)とか、

T1B全景

T-1B(国産初のジェット機)とか、

陸自の輸送ヘリの狭さにビックリ。真っ直ぐ立てないほど低い天井、2本のパイプに布を渡しただけの椅子。ここに10人前後乗るんだよなぁ…。

半分バラした状態のセスナ機があり、構造が見られるので面白いです。


いろいろありましたが、陸自と、米軍のお古っぽい機体が多かったようです。
この航空公園が米軍基地の跡地だからでしょうか?

〜〜

2階展示室。

まず、【所沢メモリアルギャラリー】。
所沢飛行場にゆかりの人物のプロフィール、当時の航空機の部品などを展示。

2階展示

戦闘機『隼』の椅子とか、『一式戦闘機』の車輪とか、『三式戦闘機』のエンジンとか、貴重な品々が展示されていました。…でも興味のない人にはガラクタにしか見えないかも…。


続いて【管制】。

管制コンソール

本物のコンソールだそうです。
空港での業務の様子を紹介するビデオが見られます。


そして【大空】。
なぜか航空機シミュレータが何台もあって、他に見学者がいないのをいいことに何度もチャレンジしてしまいました。

フライトシミュレータ

ジャンボジェット機のシミュレータは、席が動くなどの仕掛けはないのですが、コンソールが本物っぽくて楽しめます。…でも難しい!
小型機、ヘリコプターのシミュレータもあります。

…休日に行くと列でも出来てるのかな。

〜〜

おっと、忘れちゃいけない。
屋外には、

C-46.jpg

C-46の実機が展示されています。
残念ながら中は見られないのですが。

〜〜

と、いうわけで、ちょっと不便な場所にありますが航空機に興味があれば楽しめます。

僕が行ったときはガラガラで、ほかの見学者は10人程度しか見かけませんでした。
4時間もいたのに。

いろいろ勿体ないなぁ。

〜〜

【所沢航空発祥記念館】
http://tam-web.jsf.or.jp/
埼玉県所沢市並木1-13
西武新宿線【航空公園】駅下車、徒歩8分
開館時間:9:30-17:00
休館日:月曜(祝日の場合は翌日に振替)、年末年始
入館料:展示館500円、映像館600円、共通券800円
     上記サイトで割引クーポンがダウンロードできます(2008.09.25現在)

標準見学時間:展示館のみ急いで回れば1時間
          ビデオや実演を見ると+1時間〜
          映像館も見ると+40分


タグ:埼玉県 航空
posted by MAX CARTER at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。