2008年05月08日

桃太郎のからくり博物館

倉敷美観地区に最近出来たスポット、

【桃太郎のからくり博物館】

に行ってみました。

桃太郎からくり博物館・外観

開館時刻5分過ぎに行ったのに開いてない…orz
案内によると、今日は休館日じゃないはずなのに…orz

と思ったら、後ろから

『どーもすみません、今日は15分ほど開館を遅らせます』

と声をかけられました。
振り返ると、もじゃもじゃ頭の怪しいオッサンが。

…なんと、館長さんだそうで…。

〜〜

その辺をブラブラと歩いて15分後に再び来てみると、
鬼の格好?をした館長さんが『お待ちしてました!』

……。

展示は、2つに分かれています。
1つは、桃太郎関連の歴史的展示。

といっても、パネルで簡単な説明が書いてあるのを読み、
鬼の城(きのじょう…今回は行きませんでしたが岡山県内に実在する城趾)付近の空撮ビデオをちょっと見て、
桃太郎絡みの古い絵本などの資料が飾ってあって…

という程度。


もう1つは、桃太郎をネタにした『からくり』。

桃太郎からくり博物館・桃太郎2

大きなモモが飾ってあるかと思いきや、
桃太郎からくり博物館・桃太郎1

別の方向から見ると桃太郎が飛び出していたり。

円形のパネルを回すと描いてある鬼の数が変わるように見えたり、
、、、という、この手の物を見慣れた人なら瞬間的にネタが判るようなものばかりなんですが…。

あとは、『犬・猿・キジにキビ団子を食べさせる』という実験ビデオ…。
『モモが川を流れるとき「ドンブラコ」という音がするのか?』という実験とか…。

桃太郎からくり博物館・鬼

『鬼ヶ島洞窟』とかいう、ミニお化け屋敷みたいなものとか…(筑波のガマ洞窟を思い出しましたw)

…いろいろ、結構バカっぽいです…良い意味で(笑)

〜〜

で、ここの博物館の最大の目玉は何かというと。

館長自ら演奏する『ちくわ笛』。

『ちくわ』は、あの真ん中に穴の開いた円筒状の、おでんなどに入っている食べ物の『ちくわ』です。

なんじゃそりゃ???

と思う方も多いでしょう。

実は館長さんは『ちくわ笛』業界(?)では有名な人らしく、ときどき音楽番組に出演したり、雑誌などの取材を受けたりしているとか。

桃太郎のからくり博物館・ちくわ笛を吹く館長
※演奏中の写真・動画の掲載OKとのことでした

カメラに向かって変顔をしてくれたり、
チューニングの実演をしてくれたり(ちくわを食べて長さ調節!)
サービス満点なミニライブ(笑)でした。

これを撮影したときの聴衆は僕を入れて3人だけだったのですが、ゴールデンウィーク中は混雑していたそうです。

〜〜

【桃太郎のからくり博物館】
岡山県倉敷市本町5-11
10:00-17:00(夏休み中は延長するらしい)
月曜・年末休館
入館料大人600円
タグ:岡山県 倉敷
posted by MAX CARTER at 11:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 博物館
この記事へのコメント
節分の日に行きました。大変満足感で面白いかったです。
かわいいお姉さんが紹介されました。
Posted by Ж at 2015年02月05日 14:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。